読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

キーボードを買い換える

10年使うつもりで買った東プレのリアルフォースという高級キーボードに饂飩の汁をぶちまけてしまった。丁寧に汚れを拭き取ったのだが、一部のキーが反応しないという残念な結果になった。元が高いものなので修理に出そうと東プレに問い合わせた。回答は「基板を取り替える場合は修理費が1万円以上かかる」だった。そこまでの愛着はないので修理は断念した。無念。

仕事で終日、肉体が接する場所なので安物は使いたくないし、一度メカニカルキーボードに馴染むと安価なタイプは打鍵感がフラフラしてストレスが溜まってしまう。

少し前までは「茶軸」「青軸」「赤軸」という概念はなかったはずだ。今ではメカニカルキーボードでも打鍵感の違いでバリエーションがある。選んだのは「カッチリ感と打鍵音が大きい」タイプの青軸だ。一人で働いているので打鍵音は問題がない。指先の感覚と音の快感で青軸に決めた。

メカニカルキーボードでなければ3千円前後でキーボードは買える。せっかく大枚をはたいたのだから今度こそ長く使いたい。そこで使用時以外は必ずキーボードカバーを被せることにした。東プレリアルフォースさんは享年三年三ヶ月でした。お疲れ様です。。