わかりました あきらめましょう。

Everyone's a winner and nothing left to lose

常識というもの

物心ついた頃から常識も理屈で腑に落ちないと納得しないという性癖で損ばかりしている。疑うのは構わないが有効な反証のロジックがないのであれば常識に従う方が大抵は間違いないという、ある意味における常識がなかった。

ややこしいけれども、常識を常識としてとらえる常識が欠如していた。馬齢を重ねて常識の妥当性が腑に落ちたときには、既に常識に従わなかった不利益を十分に被っているという結末。常識が常識たる所以は、それに従わないと不利益に陥るという事実によって実証される訳なのであるから、己の非常識に納得したところであまり得られるものはない。

とりあえず意識的にせよ無意識にせよ今の自分が抗っている常識について考えてみるのだが、これがことのほか難しく、非常識であったと落涙するまで、常識はその姿を見せないのである。