わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

体調と気分の人生

連休明けの曇り、水曜の昼下がり。仕事なし。こんな特徴のない一日も僕の人生の一部なんだな。今の生活も長いから、人生から無作為抽出したら今日みたいな日が選ばれそうだ。

結局、自分の体調と気分にしか興味がない。どちらの機嫌をとるのも飽きてきた。飽きたからといって放置すると両方ともさらに悪化する。厭な設定だ。

体調は加齢があるから悪くなる一方だろう。気分はどうだろうか、精神が枯れると楽になったりするのだろうか。

偶然Facebookで昔好意を寄せていた女性の写真を見た。面影はあるけど汚い肌の太った中年女性が、可愛げのない息子と写っていた。厭なものを見てしまった。