読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劣化文字情報の氾濫

ひとりごと

ネット社会というのは文字に命令される社会だ。読書人口は減っているが、文字に溺れる人間の母数は遥かに増えた。文字の世界に浸っている現代の人間と、オーラルコミュニケーションが中心の少し前までの一般世間の住人の間には、あからさまな断絶がある。

文字というのは本質的には命令だ。そして世界の極端な省略化でもある。複雑な感情を偏った一方に簡略化してしまう致命的な欠点がある。ネット社会というのは文字の欠点がマックスで社会に悪影響を与える社会だといっていい。

文字情報が氾濫するネット世界、その大海で恣意的に取捨した文字に命令されて支配されてしまった人は衆愚といっていい。衆愚の放つ発生源がわからない腐臭と距離を置く必要がある。そうしなければ、心穏やかに生きることが極めてむずかしくなってしまった。