わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

断捨離というより抹殺願望

断捨離とかミニマリストとか、そんな感じで私の生活空間は人生史上最高に美しくなっている。暇さえあれば何かをゴミ箱に運び、必要な本まで二束三文で売り、長年お世話になった家具も惜しげもなく捨てた。

リアル空間だけではなく、黎明期から使っている膨大なGmailの不要メールを数万単位で削除したり、12年前のIRCのログをHDから抹殺したりした。長らく聴いていない夥しいMP3ファイルも完全削除だ。

そして肉体の余剰も遂に捨てたくなり、2日に1回は下剤を飲んでいる。(半月で体重が5kgも減った)手当たり次第に削りまくりたい、そんな欲望が肥大する。

スッキリ過ぎて

落ち着かない。長年足の踏み場のない汚部屋の住人だったから。しかし、一度このスッキリ断捨離モードが身についてしまうと、昔のように散らかしまくる生活には戻れそうもない。戻る必要もないが