わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

プラセボでもいい、痛くないのなら

先月あれだけ苦しかった背中の痛みが、昨日ぐらいから嘘のように消えた。常時痛いのなら入院でもすればよいが、いつも波があるので結局やり過ごしてしまう。

今回よくなったのは、やはり再開した抗うつ剤が何らかの形で効いたのかもしれない。いろいろ学んで心のありようと疼痛が、予想以上に繋がっているらしいと理解したので、効いたことにしておく。プラセボ(偽薬効果)とかいうけど、痛みの由来が精神と密接にかかわっているのであれば、プラセボだって捨てたものではない。

真のポジティヴシンキング

ポジティヴを貫くにも意志のチカラが必要であって、半端にプラスに身を委ねたら、反作用でよりネガティブに堕ちてしまう。半端はダメだ。痛かろうが憂鬱だろうが気力でプラスにねじ伏せて貫徹した先にこそ、今まで自分を避けていた何かがこちらに近づいてくる・・そんな感覚が去来した。

痛みでさえ楽しめ

今日捨てようとした冊子の一節が目に飛び込んできた。痛みという感覚を負の感情で増殖させるのか、痛みを一歩引いて観察するようにし、場合によってはそれを楽しむ、普通の発想ではないけど、なんか腑に落ちた。

マインドフルネスストレス低減法

マインドフルネスストレス低減法