読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンヘラーはスポーツをしない

心と体

アスリートにうつ病は少ない。現役有名スポーツ選手がうつ病で低迷したという話は聞いたことがない。
有名人の自殺・他殺死・変死・事故死まとめ(スポーツ選手編) - NAVER まとめ

相対的に騎手が多い。後藤騎手は事故説もぬぐい去れないし、痛みが完治せず絶望していたこともあるのだろう。それ以外はおもうように勝てない騎手がばかりだ。プロ野球選手はほとんどが現役引退後の自殺だ。

15年ほど前に黎明期のネットでメンタルヘルス界隈の人と交遊していたことがある。総勢50人以上の人と関わったが見事にスポーツマンは一人もいなかった。

スポーツをするとメンヘラーにならないのか、メンヘラーはそもそもスポーツをしないのか、どちらなのかはわからない。しかし、行動が心を変えるという認知行動療法の世界から視ると、スポーツを無理してでも継続的にやれば、メンタルヘルスは良好になるのではという仮説は立てられる。

肩で息をするような運動をして鼓動が早くなっているとき、抑うつの辛さが感じられるのだろうか、どうも感じることは難しそうだとは想像がつく。

そういえば「気持ちのありように関係なく行動を強制する」というのは森田療法のメソッドそのものだ。そうかこれって結果的に認知行動療法の先駆けだったわけなのね、なるほど

森田療法 (講談社現代新書)

森田療法 (講談社現代新書)