わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

テンシュテット

Apple Musicでクラシックのザッピングを続けている。気のせいかもしれないがポピュラー音楽だと微妙な音質の悪さが気になるのに、クラシックだと感じない。聞く人が多いコンテンツはビットレートを下げているのかも・・(そんな面倒なことはしないとおもうけれども)

テンシュテットはマーラーの廉価盤で知った。理由はわからないけれども(音楽なんてそんなものだろう)彼の奏でるオーケストラの音が全体的には好みだ。全体的にはと書いたのは、どうも出来不出来が激しいので、まったく気の抜けたように聞こえる地雷も多いからだ。

Beethoven: Symphony No. 9,

Beethoven: Symphony No. 9, "Choral"

  • ルチア・ポップ, クラウス・テンシュテット & ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
  • クラシック
  • ¥1500

これはスゴイ。音が凄まじく有機的で緊張感が一瞬たりとも途切れない。匂いはフルトヴェングラーの名盤に似ているが音質が格段によいので、第九の第一選択肢となるべき超名演である。Apple Musicに無料加入中の皆様は是非コレを聞いて欲しい。音は可能な限り大きく、無理ならヘッドフォンでどうぞ!