わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

荻原魚雷さんの新刊

書生の処世

書生の処世

久々の新刊。僕はとにかく萩原魚雷の文体が好きだ。謙虚で目線がひくく、それでいて文筆家としての矜持があるところが肌に合う。ゆっくりと読もう。