わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

古代のシンプルな人生観

相聞歌・挽歌というのは万葉集の主題である。他者を愛すること、死んだ人を悼むこと、人の行為を煎じ詰めればこの二つだけでこと足りるらしい。

二つとも放棄している私は万葉時代人の価値観からいえば「生きている意味のない屑」ということになるのだろう。すいません

万葉集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

万葉集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)