わかりました あきらめましょう。

Everyone's a winner and nothing left to lose

dマガジンの衝撃


dマガジン | 多彩なジャンルの人気記事がいつでもどこでも読み放題!

docomo提供のサービスって情弱御用達じゃないの?と大きな勘違いをしていました。このdマガジンはタブレット端末やiPhone6 plusを持っている人には最高のコストパフォーマンスを実感できる雑誌読み放題月額サービスです。docomo端末の利用者でなくても利用できる敷居の低さも魅力です。

月額432円でこれだけ読めるとは・・・

週刊誌の二大巨頭、文春と新潮を除くと主立った週刊誌の7割ぐらいは全て読めるという太っ腹です。個人的にはギャロップ・週刊アスキー・週刊朝日・アエラ・ニューズウィーク・pen・東洋経済あたりが嬉しい。

なぜこのような廉価サービスの提供が可能なのか

電子書籍を買うような層は紙の雑誌をまず買わず、紙の雑誌を買う層は電子書籍で雑誌を読む発想がもとよりないので、雑誌の実売を落とすことなく収入のチャンネルが増えるから、出版社はこの条件でもよいのでしょう。

一番得をするひとたちは

miniではないiPadをもっている若い女性でしょう。ファション雑誌の網羅率はスゴイです。これをRetina画質のiPadで閲覧すれば単価の高いファッショ雑誌を何誌も横断して読むことができます。この恩恵に預かっている女性ってどれぐらいいるのかな。

ただし

マンガ雑誌はひとつもないです。そこだけはご注意下さいませ。