わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

栄光なき過去

特に戻りたい過去がない。過去の健康な肉体は欲するかもしれないが、あのシチュエーションにもう一度身を置きたい、そうおもえる時期がない。

どの過去も等しくどこか不安で身の置き場のないかんじだった。強引に探すと幼少期まで遡ってしまう。憧憬すべき過去がないことは、むしろ良いことでは、そう感じている。なまじ過去に栄光があると現在との落差を人は悔やみ今の我が身を呪うだろう。

今を呪詛するひとは過去を必要以上にあがめ奉る。それは脳内の幻影に過ぎず、肉体感覚が欠落している。過ぎ去ったもののうち残るのは過度の恐怖か狂喜かのどちらかだ。だが、忘却の彼方に堆積した無為の日々こそが過去の本質だと考える。それなら今積み重ねている無為を有為なものとするように、腰を落ち着けてゆっくり生きたいとおもう。

Back to the Future: 1, 2 & 3 [Blu-ray] [Import]

Back to the Future: 1, 2 & 3 [Blu-ray] [Import]