わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

統合失調症の陰性

昨日のエントリにコメントをいただきました。ありがとうございます。統合失調症の陽性しかみていないのは,病の片面しか理解していないというのはその通りです。

病識がない人が多いので、外部からみて目立つ陽性の方ばかりが病気のイメージとして認知されてしまい、陰性は社会的認知が著しく低いです。私も素人なので詳しいことは著しく理解不足です。

齋藤環先生が「重度の引きこもりには陰性の統合失調症が相当数いるのに、病気だと認識されることが絶望的にない」と何処かで述べられておりました。最近は薬もいくつかありますが、陽性と比較して薬物療法の恩恵が低いのも病気としての認知度が低い理由でしょう。

陰性の統合失調症のことを考えると攻撃性の指向性から病気を判断する僕の仮説は間違っているように思えてきました。


統合失調症とのつきあい方―闘わないことのすすめ統合失調症とのつきあい方―闘わないことのすすめ
(2007/06)
蟻塚 亮二

商品詳細を見る