わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

立憲主義に反するものは悪である

いろいろ意見が錯綜しているようだが、平和云々を別にしても、立憲主義であることを放棄したという事実が一番よろしくない。権力者の恣意性で白と書かれてある最高法規を黒と読むのは、それはもう憲法ではないし、法治国家の体をなしていない。

集団的自衛権に賛成するしないは個人の自由だ。しかし、立憲主義を蔑ろにする政治家が悪でないのであれば、世の中に悪という概念は必要ないだろう。 遵法精神の欠如を何とも思わない国家は北朝鮮や中国に対して倫理的に批判する根拠を失う。武力の行使可能性を高めるより、立憲主義的立場を貫くことこそが、現代における最高の抑止力であるという考え方は夢想的だろうか・・ 私はそうは思わない。