わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

非常識にしか生きられないのであれば・・・

社会の常識や価値観なんて利用するもので
縛られたり、踊らされるものじゃない

社会の常識の埒外に生きているという劣等感に苛まれている。少し前まではむしろ優越感だった。5年にわたるSOHO生活で常識の常識たる所以を理解できた気がする。しかし今さら常識的に振る舞っても、そう振る舞ってこなかった報いと後悔が増大するだけで身動きが取れない。

こうなったら世間の常識に雁字搦めになっている人には気づかないニッチな世界の住人になることで先住者利益を得るしかないと思うようになってきた。しかし、常識を嗤うというのは負け惜しみ・ルサンチマンにすぎないのでこれは避けたい。そうなると常識の逆張りをすることで得られる可能性がある何かを探すしかない。しかし意識的に常識を逸脱することで何を得られるかと考えてみても、残念ながら何も思いつかない(-_-;

非常識が益になる人というのは、常識を書き換える能力の極めて高い人だけの特権かもしれない。やはり今からで常識的に振る舞うしかないのか、そのあたりで思考がループする。


非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
(2002/06/01)
神田 昌典