わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

愛のてだて

ジョージ・ハリスンの曲の中で最も好きなひとつ。
この温かなエレピのサウンドは70年代特有のものですね。
繊細なアコースティックギターのソロプレイも美しい。



While all is still in the night
And silence starts its flow
Become or disbelieve me
Left alone with my heart
I'm learning how to love you

全てが静まり返った夜
静寂が波のように押し寄せる時
僕はひたすら自分を見つめる
僕と僕の心だけ
僕は君を愛そうと務めている

While waiting on the Light
How patience learned to grow
Endeavor could relieve me
Left alone with my heart
I know that I can love you

光を待ち望んでいるうちに
耐えるということを覚えてくる
努力する事は僕自身を解放する
僕と僕の心だけ
君を愛する自信さえ生まれてくる

Love you like you may have never been
Move you more ways than you have seen
To a point in the time where we see so much more
Than the ground that we touch
With each step so unsure

今まで感じたことのない程深い愛で
君を愛してみせる
今まで見たこともない世界へ
君を連れていってあげよう
不確かな足取りで歩く
この足下の大地よりも
さらに多くのものが見える世界へ

As teardrops cloud the sight
Your eyes may never know
No truth could ever fear me
And left alone with my heart
I'm learning how to love you.

涙に曇ってしまった瞳では
真実を見ることができない
僕はどんな事実をも恐れはしない
僕と僕の心だけ
僕は君を愛そうと務めている


Copyright(c) 1977 Geroge Harrison