わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

食べていくだけなら仕事には困らなさそう

東京都心の求人状況がヤバイ。はよ移民入れろ、もしくはニート本気出せ。
転職大ブーム! 崩れる「35歳転職限界説」 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース BUSINESS

独り身なら、職がなくて食うに困るということは、日本人である限り心配する必要はなさそうだ。日本経済全体の総需要の縮小速度を超える勢いで労働力の供給が減少しているからだ。

僕の孤独を楽しむ今のSOHOスタイルを、いつまで維持できるかどうかは、分からないけれども、自分の雑多なDTPデータを現場で処理できるように最適化する仕事は、そんなに簡単になくなるとはとても思えない。7年かけて築き上げた顧客との信頼関係も財産だ。

あと賃貸住宅の配給過剰がますます顕在化するだろうから、僕のように旧い団地に住むのであれば、コストは更に下がる可能性は大いにある。

世界的な視点から見れば、日本人という特権を持ちながら、困窮するなんて、よほど生きる能力に欠けているとみられても仕方がないだろう。いらぬ心配をするぐらいなら、日々の仕事をキッチリ間違いなくして、少しずつでも経験値を増やしていけば問題ない。

この拙ブログはメンヘラーカテゴリーに入っているので、心を病んだ人が見ている確率が高いと思うけれども、心の闇の多くは(全部とはいわないが)不健康な人間関係が原因になっているはずだ。特に首都圏の人たちは、転職先は探せばあるのだから、嫌な環境で働いている皆様は転職を考えてもよいと思う。辞めてから探すのではなく、見つけてから転職すればリスクは思うほどない。