わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

ウルフルズ新曲

ウルフルズの美点はロックを日本語で堂々と歌ってそれが作為的でなく、そういう音楽が原初からあったと思わせるだけの説得力がある点だ。残念ながらリーダーのトータス松本は、才能に見合うだけの情熱を音楽に対して持ち合わせていない。それだけに、この6年ぶりの新曲が出たことを素直に喜びたい。気力とパワーに溢れたこの新曲で新しいファンを獲得して音楽的に飛躍して欲しい。