わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

辺境生活

僕のようにネットで印刷の仲介をして飯を食っている人間というのは他にいるのだろうか? 昔は印刷ブローカーというのがいた。今はいない。顧客に元ブローカーという方はいる。

印刷業というのは製造業でも周辺業である。株式の業種分けでも「その他製造」という「他」扱いである。その周辺業の周辺業が僕の生業だ。ネットを使っている点だけは二一世紀的ではある。

街を彷徨くと「この人は何をやって生活の糧を得ているのだろうか?」そういう人が昔は謎だった。しかし、僕こそ「何で食っているのか謎の人」になってしまった。親や友人でも僕の仕事を理解しているとはおもえない。

パジャマと無精髭を日常としている人限定ヒエラルキーの中では、収入はかなり上位だろう。そういう誰にも理解されないゴミのような自尊心だけが自己同一性を何とか支えている。


日本辺境論 (新潮新書)日本辺境論 (新潮新書)
(2009/11)
内田 樹