わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

ビートルズゲットバックセッションの新しい楽しみ方

CDを整理していて、昔集めたビートルズ海賊盤が出てきた。ラジオ音源・コンサート音源・スタジオアウトテイクのほかにビートルズには「ゲットバックセッションもの」というジャンルがある。簡単にいえば言葉通りのサウンドトラックで、映画でボツになった音声を海賊盤として発売したものだ。延々と弛緩した雰囲気の中、疲れ果てたメンバーがジャムセッションを続けるという厭世観あふれるファンでなければ聞いていられない音源だ。

昔はここに埋もれた未発表曲を切り取ったり、有名曲のリハーサルを垣間見たりしてマニアックに楽しんでいた。

久しぶりに聞いてみて「これはアンビエントミュージック的な聴き方ができるかも」と気づいてしまった。音楽として聞くのではなく、環境音として聞くとこれがなかなか趣があって面白いのだ。まとまりを著しく欠いた演奏もミュージックコンクレートとしてとらえれば面白い。・・こんなことを考えているのは世界で俺だけだろうなw