わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

ブライアン・イーノの天才をあらためて想ふ

10年以上アンビエントテクノを愛好しているのだが、最近は音源の収集により力を入れている。このジャンルの創始者は間違いなく天才ブライアン・イーノである。初期のアンビエント4部作を聞くととても70年代中期に創ったとはおもえない。今新譜として出ても違和感がない。当時は今と違ってシンセサイザーの性能が段違いに低いのに、どうやったらこのような高度な音世界を創れるのか謎である。ブライアンはレゲエの世界におけるボブ・マーリーに立ち位置が似ている。誰もがブラアインの影響下から逃れることは不可能なのである。


Music for AirportsMusic for Airports
(1995/04/28)
Brian Eno

商品詳細を見る