わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

自宅周辺野良猫事情

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24932731

猫ほど愛されている動物は少ない。ネットクラスタでの猫の愛されかたは異常なぐらいだ。中国寄りの言説であまり好感を持たれていない(中国人なのに気の毒だ)宋さんも、とても良い人に見えるから不思議だ。

僕も猫が大好き。実家で飼っていた23年も生きた愛猫の影響も強い。今は団地暮らしなので猫は飼えない。そこで野良猫に餌付けして心を癒している。住宅密集地と違って野良猫に顔をしかめる人はいない。皆に愛玩されている。平和です。

個体確認ができるのは5匹ぐらい。そのうち3匹は半ノラで寒い時期は暖をとらせてくれるところがあるようだ。(主に団地1階の猫好き)

餌付けをしているのは寝場所も1年中外という完全なノラだ。なんで格差があるかというと、可愛くないからである。一匹は片目が潰れていて初見の人はギョッとするような容姿だ。もう一匹は尻尾が歪に曲がっていて、声帯に難があるのか声が出ない、擦れたような音を発するだけなのだ。猫の世界にもカーストがあるというのは厳しいねぇ。

片目の方はそれでも餌を与える人は僕だけではないようだ。(目以外は気品がある、少なくとも片親は純血種のようだ)声がすれ猫は存在感自体が薄い。野良猫でニャンと鳴けないのは致命的らしい。

階下に降りると二頭が顔を出す。二匹の間にも序列があるようで、声がすれ猫は片目に餌をとられると側で佇むしかない。だから分割して与えている。しかし、他の3匹がやってきたら片目は、確実に負けてしまう。猫の世界も大変である。

片目

光の加減で可愛く写っている。
f:id:lexapro:20141118112908j:plain

pages 印刷