わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

I'm empty and aching and I don't know why.

15年前に夢破れて1年ほどニートをしてからというもの、ずっと余生を生きているという感覚が拭えない。別に余生だから悪いとはおもっていない。余生感覚で生きていけるのは、それはそれで幸福なのかもしれないのだから。

余生モードまでの自分と以降の自分で明白に違うのは、「面倒な人間関係からはすぐに降りる」ということだ。言い換えると「負け逃げ戦略」をずっと選択しているということである。

人が本当に欲しいものは他者を経由しないと手に入らないのが人生の法則である。それなのに他者から逃げてばかりでは何も手に入らない。妥協の産物ばかりが山積みになる。それでも生きていけるのだからよいけれども・・・

もう今の生業を丁寧にする以外に僕が他者に何かを提供する術は全て失われた。そして今の生業の展望も限りなく不透明だ。不透明が視界不良になったら、事故死するしかないという諦観が影を落とし精彩のない人生を更に味気なくしている。