わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

櫻井よしこの自虐史観

「美しい憲法をつくる会」設立 櫻井氏ら共同代表 衛藤首相補佐官「最後のスイッチ押すとき来た」 - 産経ニュース

美しい憲法を作りたいというのであれば、現行の憲法は美しくないというのが前提になる。ということは戦後70年もの長きにわたって美しくない憲法の下で国家が運営されてきたことになる。気にくわないモノを「美しくない」といレッテルを貼る心根は美しくない、端的にいって醜い。

そもそも現状否定から始まるイデオロギーは基本的には左翼である。破壊願望を基本に据える保守なんていうのは矛盾している。戦後70年の日本を支えてきた最高法規を美しくないというのは、これもまた自虐史観である。櫻井よしこの欺瞞を糾弾する人がマスメディアに見つからないのは気持ち悪い。