わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

わたしの持っているのは神経ばかりである。

わたしは良心を持っていない。
わたしの持っているのは神経ばかりである。 by芥川龍之介

この文豪の名言が頭の中をクルクル回る。病でいつもとは違う痛みを経験したあとも、日常の痛みが復活して本当に「神経=自我」の等式が頑なになっていく。

更にいうと「痛み」と「抑うつ感」「孤独感」の境目がわからない。三つとも不快感には違いなく、そうなると本質的な違いはあるのか無いのか。

痛覚を遮断する麻薬、ヘロインが有名だが、それこそが希望か。或いはドーパミンの快楽・酩酊による忘我。酒は合法だが質の低い酩酊しかもたらしてくれない。

持たざるものを妄想することを希望という。希望とはかなえて喜ぶためにあるのでは無く、苦に苛まれたときに我々を慰めてくれるに過ぎない。偽りの希望を捨てると結論は・・・


或阿呆の一生或阿呆の一生・侏儒の言葉 (角川文庫)
(1969/09)
芥川 龍之介

商品詳細を見る