わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

ストーカー未満

世紀末に強度のうつ病によって心のどこかが壊れて以来、ピュアな恋愛感情が、どういうものか分からなくなってしまった。しかし、その前は普通の成年男子だったので好意を寄せる女性はいた。接点があったときには想いに気がつかず、なくなってから思慕が募るというよくあるパターンだった。

犯罪的行為はやる勇気も、その発想もなかった。たが帰路を迂回して彼女の自宅をひと目見ることが習慣化したり、意味もなく彼女の職場の近くに車を止めて、ボンヤリと缶コーヒーを飲んだことは幾度もあった。当たって砕けたらよかったのに、なぜそんなに臆病だったのか今となってはよく分からない。その思慕は、彼女が知らない誰かと結婚して終わった。それだけのお話です。