わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

或日曜日

最近は休日を有意義に過ごさねば・・という強迫観念も薄れた。無為にだらだらと時間を浪費することこそ至上の喜びだと自分に暗示をかけることに成功しつつある。無為が幸せなら大抵の人生は成功だw

昨日古本屋で荒買いした本を眺めつつ、旧い愛蔵漫画を読み返す。さすがに賞味期限が切れた作品もあるけれど、一方で読み返せば読み返すほど、内包された作品のすごさに圧倒されることもある。


空の食欲魔人 (白泉社文庫)空の食欲魔人 (白泉社文庫)
(1994/09)
川原 泉

商品詳細を見る

全盛期の川原泉の短編漫画は神がかっている。短いページで見事な誰もまねができない独自の展開と感動。川原泉が真に素晴らしい作品を創れたのは正味3年ぐらいで、長編を手がけるようになってから、短編ではまったく感じられなかった稚拙さが溢れ出てしまって、結局自信をなくして故郷に戻ってしまう。その後も時々思い出したように作品を発表しているが、黄金の3年間に生み出した作品の足下にも及ばない。この文庫本には黄金期初期の作品が詰め込まれている。どれも傑作だが「月夜のドレス」の傑作ぶりはどうだろう。