わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

被害者意識という呪縛

「被害者である私」という名乗りを一度行った人は、その名乗りの「正しさ」を証明するために、そのあとどのような救済措置によっても、あるいは自助努力によっても、「失ったもの」を回復できないほどに深く傷つき、損なわれたことを繰り返し証明する義務に「居着く」  by 内田樹

被害者意識というのは当事者にとっては存外心地よい。
害を被ったのだから弱者として庇護してもらえるし。

加害者を憎めば憎むほど、被害者は聖者になっていく
弱者故の全能感は人間心理最大の弱点の一つだ。
それが宗教となったのがキリスト教で、そこを指摘したのがニーチェ

この人間の弱みに意識的に謙虚であろうとする人と
そこに気がつかず、ヒステリックに弱者アピールで
人を動かそうとする人たちの間にあるキャズムは果てしなく深い。

僕は被害者立場を葵のご紋のごとく振りかざす強弁者が嫌いだ。
選挙中はその輩が巷に跋扈しているので気分が悪い。
早く終わって欲しいな。


偶像の黄昏・アンチクリスト (イデー選書)偶像の黄昏・アンチクリスト (イデー選書)
(1991/03)
F.W. ニーチェ

商品詳細を見る