わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

ブックオフに本を売ってみたら

横山光輝の「三国志」全30巻を読み終わったので
購入したブックオフの引取サービスを利用して査定を依頼した。
購入時も新品同様の美品で一読したのみなので綺麗な状態である。

購入金額は9000円 送料分をひいても1冊250円以上はした。
「1冊50円ぐらいかな〜」とさほど期待しなかったのだが。
査定金額は全部でたったの「315円」だった。
1冊「10円」・・・
さらにいうと、ついでに比較的新しいコミックも5冊ほど同梱したので
実際は10円未満ということになる。

10円以下で仕入れたものに25倍近い利益を乗せて売るのか。

ブックオフには
絶望した

買取金額不服で返品を申し出たら
代引540円にて速攻で送り返してきたorz

最近なるべく怒らないようにしているのだけれども
これは怒ってもいいよね。

追記:
Amazonマーケットプレイスで出品しなおしたら
「7300円」であっという間に売れました。
全巻セットはマーケットプレイスの方が確実に換金できるようです。