わかりました あきらめましょう。

Everyone's a winner and nothing left to lose

真紅

二次元に萌えるほど感受性が繊細でない私ですが
唯一特別な存在なのがローゼンメイデンの真紅です。
アニメファンには翠星石らしいですが、真紅一択です。

真紅は魂の宿った人形という設定です。
実写でこういう設定を使うと人形の無機質さが不気味なだけです。
ローゼンメイデンは「アニメ内人形」という「二重虚構」の手法で。
二次元世界の住人ながら、リアリティを感じさせる魔法がかかっています。

二次元の世界でも人形は人形なのでエロス的魅力はないです。
結果的にないのではなく、これは意図して排除しているのでしょう。

美しさだけを求められてつくられた非力な人形が
自らの矜恃のために戦い、ときとして聖母的優しさを垣間みせる一方
庇護がないと不便な自らの身体を恥じず、気品に満ちあふれている。

こんなよくできたキャラ設定は、ほかに思いつきません。
分析することはできますが、要は「理屈抜きに代替不可の魅力がある」
ということがいいたいのです(^_^;

真紅