わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

ニヒリズム

若い女が魅惑的なのも、自分の子どもがとりわけ可愛いのも
そう遺伝子にプログラムされているからだ。

いくら巧みにレトリックで装飾しても言語では
遺伝子の命令の本質的なところは超えることができない。

零度のエクリチュールはあるのかどうかというのは哲学論争にもなった。

形而上学ではあり得たとしても、場末の一市民としては
空念仏と同じで意味も価値も無い。


零度のエクリチュール 新版零度のエクリチュール 新版
(2008/04/18)
ロラン・バルト

商品詳細を見る