わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

やらざるを得ないことをより集中してやる

先日、とある有名人のエッセーを読んだ。

傍目からは「夢を明確に描いて、計画を立てて、着実に実行してきた」
そのように見えるが、実際はそんなことはなくて、
「その都度発生したやらざるを得ないことを完璧にやってきただけ」というのです。
人生は不確定要素の連続だから、夢も計画も指針としてはいいが目標としても意味がないとのことです。

人間は過去にも未来にも生きていなくて、常に今を生きるしかない
今、やるざるを得ないことを精一杯やる以上の処世術はないとのことでした。

やらざるを得ないことをより集中して完璧なアウトプットを目指す。
これなら、夢を持てず、計画倒れの私にもできます。

やることは夢や計画から逆算するのではなく
日々やることをキッチリやることからかたちを持って現れる
こういう考え方は地に足のついたかんじで感銘を受けました。

8月後半もキッチリ働きます。