わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

漂えど沈まず

経済が成長しない時代には、漂えど沈まずの持続可能な生活が注目される

こういう文章が目にとまった。

とりあえず沈まなければ良いという考え方は悪くないと思う。

過去への悔恨と未来への不安は今には関係ない。
そういうことに心を病ますぐらいなら何も考えず
ただ存在していた方がマシでは無いか?

そういう考え方もこれからはありだと思う。

inu.jpg