わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

青空

私のカラオケの定番(過去形)90年代は人付き合いといえばカラオケであり、社会人である以上は参加せざるを得なかった。大学時代に「音楽的才能の無さ」に打ちのめされた私はカラオケといえども己の身を使って音楽を表現したくなかった。しかし、参加した以上…

打撲ダイエット

1月末日腰を強打した。それ以降苦難の日々が続いている。一番辛かったときのこと思い起こせば、現状では治癒したに等しい。しかし、まだ腹筋運動がまともにできなかったり、気を許すと腰の片方に負担をかけてしまい刺すような筋肉痛が生じてしまう。4ヶ月が…

【写真】西日本旅客鉄道資材センター

東川崎町あたりを散策してみた。コンテナが普及するまでは港湾労働者がたくさん住んでいた場所で、山口組発祥の地でもある。横溝正史の生家もこの辺りにあったらしい。港沿いには川崎重工業の社屋と写真のJRの資材センターがある。道一本隔てるとハーバー…

「ながら」を減らす。

なんにせよ「~しながら~する」は心の平穏のためには良くないらしい。特に「食べながら何かを読む」はダメらしい。マルチタスクは美徳のように思われているが、心の安定にはマイナスが多いとのことだ。私は食べるときは何かを読んでいないと落ち着かない。…

ポートアイランド 医療センター前

西中島南方から梅田方面

ポスティングマン曰く

GWの予定がない。例年一つはなんだかんだいってあるのだが、今年は見事にない。何処にもない。探してもない。さらにカネがないから、旅行にも行けない。観たい映画もないし、行きたいライブもない、さらにいえばカネがあったとしても(ないけれども)欲し…

マテ茶は美味しいか

マテ茶は不味くはないが美味しくもない。自宅勤務の私にとって日常の水分補給に何を選ぶかは大切なことだ。普段はオーソドックスに寒い時期は緑茶・暑い時期は麦茶だ。あと朝に珈琲を飲む。今の時期のように暑くも寒くもない時期に、少し変わったお茶を選ぶ…

AMラジオコンテンツ お薦め7選

荻上チキ・Session-22 | TBSラジオクラウド これこそまさに「聴くニュース解説」です。解説に呼ぶゲストの人選も良く。不偏不党の立場・倫理的に清潔な番組のカラーが聞き手に安心感をもたらします。国会論戦ウォッチもよくある特集ですが、この番組を通して…

貧する春

先週の月曜日を最後にずっと受注が振るわない。特にGWを控えた昨日・今日に注文が少ないのは経験則でも異例で焦っている。とはいえ基本的に待つしかできないネットの受注商売は辛い。年内に予定しているサイトの刷新で売上が伸びるはずという希望がある。希…

ラジオのエッセンスが聞ける神アプリ ラジオクラウド

ラジオクラウドHakuhodo DY media partners Inc.エンターテインメント無料play.google.comスマホがあれば、厳選されたラジオコンテンツが聴き放題のアプリ「ラジオクラウド」のご紹介です(^^)私は、サービス開始からラジコの愛用者。さらにラジコプレミアム…

夕日

rawで撮ってHDRフィルターをかけたらこんな感じになった。

RUN-DMC - Walk This Way

80年代の眠られない夜はRPGをやるかMTVを延々とみていた。このビデオクリップは特に印象深い。この曲の背景についての記述を書籍でみつけた。ヒップホップをメインストリームに押し上げるために白人ロックのエアロスミスを利用した極めて商業的な戦略に基づ…

重野なおき作品が楽しい

信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)作者: 重野なおき出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2013/06/10メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る重野なおきという四コマ漫画家の作品が楽しい。知ったきっかけは昨年から放映中の「信長の忍び」という歴史アニ…

オマエらこそが欺瞞だ合戦

平和を口にすると左翼野郎と罵られ 情熱を口にすると暑苦しいと笑われ 環境を口にすると胡散臭いと疑われ 博愛を口にすると偽善だと攻撃され 理想を口にすると現実は甘くないと 救済を口にすると自己責任だから云々 TwitterでRTされていた。日本に漂うニヒリ…

魂のゆくえ

洋楽を評論するときの重要な概念として「ソウル(魂)があるかないか」がある。欧米の音楽ファンには重要な概念で、その感覚を日本で啓蒙しているのがピーター・バラカンさんだ。個人的にバラカン氏と同じ感覚なのかは判らないけれども、僕の言葉でいえば「…

散りそめ桜

雪御所町という古に平清盛邸があったといわれる場所の桜です。 タブレット撮影のわりに綺麗に撮れました。

春雑記

壊れる春 先週、メインPCの電源が死んだばかりだというのに、今度は仕事用とラジコ用に使用しているMac miniに接続しているモニターが死亡した。電源が死んでLED自体が光らない。偶にMac固有のソフトウェアでファイルを開く必要があるのと、同じ拡張子のフ…

無気力老いの坂

無気力がひどい。無気力といいながらブログを書くなと突っ込まれそうだ。聞くのも読むのも観るのも面倒。それらは全部受身の行為だから、書くという能動的な行為をすれば気力が戻るのかと考えたのである。しかし、基本無気力モードなので書くことが見あたら…

'Sgt. Pepper' 50周年記念盤 発売迫る

www.rollingstone.com随分と気合いが入っています。2013年から毎年どのアルバムも発売50周年だったわけですが、こういったカタチでリリースするのははじめてです。まず本編をリミックスしています。ジョージ・マーティン存命中は遠慮があったのでしょう。(特…

メンタルの脆弱性を鍛える方法について

起床時に既に心がドンヨリしている。胸部の血流が滞って息苦しい。横隔膜を上下させる感覚で早めの深呼吸を繰り返すと楽になるという記述をどこかで読んだ。それで布団の中で緊張と弛緩を意識した呼吸をするのが習慣になっている。この胸の不快感に心の中心…

ピンク・フロイド

新たなるミュージシャンとの邂逅を期待するのに疲れた。なので「好きだったけれども、聞いていない音源が多い」そういう人たちの音源を集めて繰り返し聴いている。このところはピンクフロイドのモード。Meddle (Remastered Discovery Edition)アーティスト: …

さくら

映画 夜は短し歩けよ乙女の感想

映画『夜は短し歩けよ乙女』公式サイト非常によくできた映画だ。しかし、期待したのとはだいぶ違った。大傑作「四畳半神話大系」と同じスタッフで作られたのだから、同じ様なノリだと勝手に思い込んでいた。原作の森見登美彦による同じ世界観を共有する兄弟…

厄日

ユニクロで買い足した靴下とトランクスをファーストフード店に置き忘れた。取りに戻ったら消えていた。総額1500円ちょっとなので、それ以上探す気力もなく諦めて帰宅。 帰宅後、PCの電源を入れたら無反応、コンセントを差し直したり、ネットで調べて放電して…

眠られぬ夜に

深夜にブログを書くのは珍しい。昼食後に適当に書き殴ることがほとんどだ。うつ病が寛解してからは不眠症とは縁が切れている。それでも月に一度は眠れない夜がある。理由はわからない、不意にやってくる。寝床で活字を読めば普段は睡魔がくる。しかし、今宵…

手間暇と利益

昨日は特異的に忙しく昼飯を食べる暇さえなかった。一転して今日はスカスカだ。受注商売なのでその日その日の仕事がどうなるかは、その日になるまでわからない。時期的な繁忙の波は経験則で大枠は読めるが、一日単位ではわからない。印刷業は特にそうだけど…

孤独と脆弱

孤独は心も体も弱くする。今回の腰部打撲の治癒を遅く感じるのは、単に老いて代謝が悪いことだけが理由ではない。基本的に一人で働き・生活をしているので意識が己の感覚に過敏になっているという理由も大きい。他者との生のコミュニケーションを通じて日々…

ぼくのふれんど

大ブームを巻き起こした低予算アニメ「けものフレンズ」が終わりました。主題はピュアに「友情」でした。テンプレート化した物語に食傷気味のアニメ業界で、友情というすべての人々に訴えかける物語を上手く表現できたこの作品は、一つの橋頭堡となったはず…

僕の名盤 Greetings From Timbuk 3

Greetings From Timbuk 3アーティスト: Timbuk 3出版社/メーカー: Mca発売日: 1989/08/08メディア: CD購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログ (8件) を見るこのアルバムを知ったのは高校生の時だ。FM番組をエアチックして繰り返し聞いたカセットテープ…

更に馬鹿になった

もともと聡明さに欠ける私だが、怪我を機に更に知能指数が下がった気がする。実行するしないは別として、脳内に様々な計画というか妄想が膨れあがるタイプだったのに、ふと気がつくと「何も考えずに時間だけが過ぎていたことに気がつく」瞬間が激増した。ネ…

Flowers In The Dirt

フラワーズ・イン・ザ・ダート[スペシャル・エディション](2CD)アーティスト: ポール・マッカートニー出版社/メーカー: Universal Music =music=発売日: 2017/03/24メディア: CDこの商品を含むブログを見るリマスター+デモの一連のリイシューシリーズ最新盤…

弥生雑記

痛んだ腰が中途半端によくなって、持病の背中の疼痛とつらさのレベルが均衡してきた。こうなると「どちらも辛くて相乗効果でさらに辛い」という嫌な状況に陥った。一箇所がひどく悪いと他の辛さは上書きされてしまうのだけれども、複数箇所が同程度に悪いと…

のけものはいない

観るとIQが下がるといわれた「けものフレンズ」も残すところあと1話になりました。世界観が現れるにつれ低いIQのままでは、置いてかれそうです。サーバルちゃんがセルリアンに呑み込まれたときの絶望感は、だれもが心の奥底に沈めてある琴線に触れたよう…

諸悪の半分は責任転嫁から生じる

自分と似た属性の人たちが綴るブログをRSSリーダーで定点観測している。日々自省と前向きな努力で幸せになっていく人達の生き様は参考になる。一方、どんどん病んでいって遠くに行ってしまった人もいる。どんどん精神的に追い詰められていく人たちに一定の法…

阪神競馬場へ

三連休、どこにも行かないのもアレなので、阪神競馬場へ行ってきました。午前中のパドックなのに妙に人が多いと思ったら、藤田菜七子ジョッキーが阪神に来ていたのでした。人に酔ってメインレースの阪神大賞典をスルーして帰ってきました。ありがちのパター…

ビートルズとチャック・ベリー

www.barks.jpロックレジェンドのチャック・ベリーが亡くなりました。エルビス・プレスリーを別格にして、ビートルズ、特にジョン・レノンにとっては最大のリスペクト対象であり憧れの対象でした。サウンドはもちろん作詞にも大きな影響を受けたと後年のイン…

White Jazz

モダンジャズの白人奏者が好きだ。ジャズの本流は黒人なのは間違いない。しかしそのジャズのフォーマットで白人が奏でる音には清涼剤的な魅力がある。個人的にはビル・エヴァンス(Bill Evans) とジェリー・マリガン(Gerry Mulligan)がいい。滋味深いのでじ…

無題

朗報 腰の回復が軌道に乗る

先週までは「このままある程度悪いままで状態が固着して、ずっと腰を気にして生きていかなくてはならないのか・・・」そう考え暗澹たる気持ちだった。2週間で完治すると言われたのに一月半も引きずったら、こういう考えが生じても仕方がない。それが旅行か…

冴えんなぁというときはライブを聴こう

ウェイティング・フォー・コロンブスアーティスト: リトル・フィート出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン発売日: 2016/08/10メディア: CDこの商品を含むブログを見る気力が萎えエネルギーが枯渇しているときは、良質のライブ音源を聞くのがよい…

解消しないストレス

香川旅行では顕著だった「旅行後のスッキリ感」をまったく感じられない。旅行中、腰の違和感と鈍痛が常に意識に伏流していたし、帰宅してからも変わりない。一晩空けただけで自室の違和感がひどい、生活に適した空間になっていないのだろう。ずっと体調が芳…

琵琶湖湖畔

サクッと行ってサクッと返ってきました。神戸から大津は電車一本。あまり遠い感じがしません。温泉はほどよい疲労感を感じる良質なラドン泉でホテルでは熟睡できました。旅先でよく寝られる傾向が最近顕著、自宅の寝心地が悪いのかもしれません。

発作的滋賀県観光予定

怪我以降、ライブ鑑賞以外すべての予定を白紙にせざるを得なかった。ストレスが溜まって鬱屈としている。手っ取り早いストレス解消法として間違いのない効果が得られる恒例の「発作的週末小旅行」に行くことにした。腰に負担はかけられないので電車一本でい…

Back pain・Kemono Friends

腰痛その後 体を横たえているとき不意に激痛に襲われるという最悪の状態は脱せた。長かった・・・ しかし、激痛を感じるシチュエーションが無くなった代償なのか、かわりに鈍痛が常時精神を蝕むという嫌なフェーズに移行した。鎮痛剤を多めに服用すると痛みを押…

iPhoneで印刷データを作れる時代

私の生業であるネット印刷業界では長らく「利用者の母数が頭打ち」という大問題があります。その大きな理由の一つに「変なデータを入稿したら怒られるのでは」という多くの潜在顧客の躊躇いが間違いなくあります。たしかに5年ぐらい前までは各種のお約束を厳…

キーボードを買い換える

PC

10年使うつもりで買った東プレのリアルフォースという高級キーボードに饂飩の汁をぶちまけてしまった。丁寧に汚れを拭き取ったのだが、一部のキーが反応しないという残念な結果になった。元が高いものなので修理に出そうと東プレに問い合わせた。回答は「基…

3月4日(土) ライブ動画

the cave KOBE

Morning Beatles。(モーニングビートルズ)結成10周年

長らく応援している関西を代表するビートルズトリビュートバンドMorning Beatles。(モーニングビートルズ)が結成10周年を迎え、今夜3月4日(土)18時から、私の地元神戸で10周年記念ライブが催されます。 Morning Beatles 10才 バースデーパーティー LIVE彼ら…