読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

Thirty Three & 1/3 ジョージ・ハリスン

Thirty Three & 1/3アーティスト: George Harrison出版社/メーカー: Capitol発売日: 2004/02/06メディア: CD クリック: 8回この商品を含むブログ (16件) を見る解散後のビートルズメンバーのストーリーで、見落とされがちの史実として「4人ともビートルズの…

Velvet Underground & Nico

僕が中学生だった頃は洋楽ブームの最盛期だった。限られた小遣いの中から効率よく良い音楽を聞くために「名盤カタログ」的な本は必須アイテムだった。本を片手に出始めのレンタルレコード店で、一枚一枚をカセットテープにダビングしていった。高校卒業ぐら…

パグリックドメインでクラシック音楽を楽しむ

パブリックドメイン (public domain) とは、著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態又は消滅した状態のことをいう。 日本語訳として公有という語が使われることがある。 著作権の切れた音楽なら合法的に楽しむことができる。…

思考を封鎖する音楽

ふと我に返る瞬間が怖い。そこにすぐに絶望と抑うつ感が侵入してくる。そのスキマが僕の弱点だ。そこを塞ぐのに音楽は大切だ。大音量で音楽を鳴らし、読みやすい活字の海に逃げれば、奴らの侵入を防ぐことが出来るのだ。それに使っていた音楽は以前はアンビ…

土曜も引きこもり

先週に九州に行ったお釣りがあるのか、土曜日になっても自宅から出る気力が湧かない。パジャマのまま、中島らものエッセーを読みながらFMを聞いていたら、流れてきたこの曲が異常に美しく聞こえた。 もとより好きな曲だったけれども、こんなに美しい曲だと…

dub

dubが突発ブーム。レゲエから派生した音楽の一種だ。 曲の一部で極端なエフェクト(ディレイ、リバーブ等)をかける。 ベースやリズムなどトラックの抜き差しにより曲に変化を加える。 低域(ベースライン)や高域の極端な強調。 レゲエの琴線に触れる要素を…

Jazz名盤とApple Music

厳選500 ジャズ喫茶の名盤 (小学館新書)作者: 後藤雅洋出版社/メーカー: 小学館発売日: 2015/12/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見るこの手の本は載っている名盤が似たり寄ったりで買う気は起きない。しかしこの本は現役のマスターが「ジャズ喫茶…

エレクロトニカ系名盤 Bibio

Ambivalence Avenue (WARPCD177)アーティスト: Bibio出版社/メーカー: WARP RECORDS発売日: 2009/06/20メディア: CD購入: 1人 クリック: 17回この商品を含むブログ (20件) を見るサウンド的にはアシッドフォークをエレクトロニカで装飾したようなタイプ。フ…

私的名曲 :冬空

大塚利恵-冬空 毎年執拗にこの時期にブログ等で紹介しています。売れなかったシンガーの未発表曲。インディーズに移ってから配信でスタジオバージョンも発表されていますが、個人的にはこのライブバージョンがベストです。大塚利恵さんが高校生時代につくっ…

エレクトロ系 退廃的な女性ボーカル

際だって有名な人がいるわけではないが、エレクトロニカ系・ポストロック系におけるメロウで退廃的な女性ボーカルは聴いていて心地よい。音だけだと無機質すぎると感じるとき、ちょうどよいスパイスになるようだ。こういった曲を集めて放送しているネットラ…

私的アンビエントテクノ名盤-1

Substrata 2アーティスト: Biosphere出版社/メーカー: Touch UK発売日: 2004/01/01メディア: CD クリック: 2回この商品を含むブログ (2件) を見る6年ぐらい聴いているけれども全然飽きない。サウンド的にはブライアン・イーノ直系の王道アンビエント。CDジャ…

たいしたことじゃないけど

最後の一節がとても文学的 このごろわたしの時計は とっても調子がいいのよ たいしたことじゃないけど 伝えたかったの

愛聴盤(1)

モーツァルト : 幻想曲・ピアノソナタ・アダージョアーティスト: アファナシエフ(バレリー),モーツァルト出版社/メーカー: 日本コロムビア発売日: 1995/01/21メディア: CDこの商品を含むブログを見るアファナシエフというピアニストが好きだ。このロシア人ピ…

リミックスされたベスト盤- The Beatles 1感想

ザ・ビートルズ 1アーティスト: ザ・ビートルズ出版社/メーカー: Universal Music =music=発売日: 2015/11/06メディア: CDこの商品を含むブログを見る映像にあまり関心が無いので音源だけを買った。価格重視で輸入盤。 全体的な感想 2009年のリマスターで進…

The Beatles - Hello, Goodbye

これも高画質。ただリンゴの服の色は補正しすぎだ(^_^; 動画よりも新ミックスの新鮮さの方が印象的だな~ 発売間近 ザ・ビートルズ 1+ ~デラックス・エディション~(完全生産限定盤)(CD+2Blu-ray)アーティスト: ザ・ビートルズ出版社/メーカー: Universal Mus…

The Beatles - Revolution

これまでに視たことのない高画質。音質も良くなっている。

新スピーカー届く - ONKYO D-509E

抑うつ感がひどいので、届いたスピーカーをみても「また散財してしまった、この金額を貯金しておけばよかった」と罪悪感の方が大きかったですが、とにかく届いたのでノロノロとセッティングしました。 ONKYO D-509E(B)という機種です。海外スピーカーはコス…

ジョンレノン新映像

長年噂されてきた、ジョン・レノンがヒット・ファクトリー・スタジオでレコーディングした時の映像がRevolver TVからついに登場。John Lennon - I'm Losing You 1980 The Hit Factory https://t.co/2Cf7DiN9kY— 野良 (@nora_fabs) 2015, 8月 10最晩年の映像…

ビートルズ新音源

今になって出てくるのは音質の悪いライブ音源のカケラというパターンがほとんどなのですが、これは内容はともかく音質はスタジオアウトテイクなみのA級音源です。BBCのラジオ番組のためのセッションの断片。内容はスカスカですが、生々しいやりとりはマニア…

Psychocandy

Psychocandyジーザス&メリー・チェインオルタナティブ¥1650Apple Musicで20年ぶりぐらいに聞いたら、これが素晴らしい。内向的で退廃的でエコー多めのノイズ多めだけど適度にメロディアスなところもよい。夏の昼下がりに聴くのにピッタリだ。アルバム名もバ…

Sting

Mercury Fallingアーティスト: Sting出版社/メーカー: A&M発売日: 1996/03/12メディア: CD購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (7件) を見る15年ぶりぐらいに聴いた。予想外に感激した。スティングの世界って男の寂寥の世界なんだなと昔とは違う感…

テンシュテット

Apple Musicでクラシックのザッピングを続けている。気のせいかもしれないがポピュラー音楽だと微妙な音質の悪さが気になるのに、クラシックだと感じない。聞く人が多いコンテンツはビットレートを下げているのかも・・(そんな面倒なことはしないとおもうけ…

ポール・マッカートニーさんお誕生日です。

ポールさんに関しては90代まで長生きしそうなので心配していないです。ジョンとジョージの分も長生きして下さいな。この曲は70年代の「ポールはチープなラブソングばかりつくっている」という批判にたいするアンサーソングで、7週連続1位という大ヒット曲な…

世界で一番早くビートルズをカバーしたバンド

1962年なので速攻でカバーしたようです。The Sparrowsという無名バンド。とにかく最初にやったのは偉いです。完コピですがリズムの重心が軽いかんじ。このバンドのメンバーって今何をしているのでしょうかね。

ブラジル音楽

昔クロスオーバーイレブンのテーマ曲を通じてアジムスという3ピースのバンドが好きになった。彼らのアルバムの大半を所有している。 マルコス・ヴァーリ サンバ ’68アーティスト: マルコス・ヴァーリ出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック発売日: 2015…

万里の河

名曲だ~ 脳内麻薬出まくる。

100円CDとTimbuk 3

A Hundred Loversアーティスト: Timbuk 3出版社/メーカー: Highstreet Records発売日: 2006/01/24メディア: CD購入: 1人 この商品を含むブログ (1件) を見るなぜか昔から好きなティムバック3、中古CD屋にて100円で購入。見慣れないジャケットだなともったら…

作品は忘れ去られても佳曲は残る

15年前の少女向けアニメの主題歌だが、アニメは過去の作品として埋もれてしまったが、この曲はテンションが上がる名曲として、いまだにMADやマッシュアップの素材として頻繁に使用されている。いつ聞いても楽しい♪

ビートルズのクリスマスソング

一般的にはビートルズはクリスマスソングを遺さなかったことになっている。代わりにジョンのHappy XmasやポールのWonderful Christmas Timeが定番だ。しかし、ビートルズもクリスマスソングを創っていた。Christmas Time is Here Againという曲だ。なぜ有名…

最強のライブアルバム

Live At The Star-Club In Hamburg, Germany; 1962. 1962 Live at the Star Club in Hamburg作者: ザ・ビートルズ出版社/メーカー: Walters Records発売日: 2000/10/17メディア: CD購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログ (2件) を見るビートルズの原…

睡眠導入効果のあるネットラジオ

私の寝付きの悪い夜の定番がこれである。 SomaFM: Mission Control: Celebrating NASA and Space Explorers everywhere. Commercial-free, Listener-supported Radio 漂う宇宙船の船内から発せられた声を受信しているというコンセプトらしい。どんな音楽も受…

THE BEATLES MONO LP 再発

洋楽の再発商法にはうんざりで関わらない主義なのですが、このアナログ二枚は以前から欲しくて手が出なかった英国盤のファーストプレスに限りなく近づけるというコンセプトなので躊躇わず買いました。一枚3300円プラス消費税ですので高いです。海外と比較し…

希望がいつも硝子細工なら

ヘビー・ゲージ(1988/05/25)長渕剛1983年発売 このアルバムぐらいまでは長渕剛のファンは女性ばかりだった。6枚目のアルバムとギターの6弦(HEAVY GAUGE )を重ね、アルバムジャケットもギター弦の袋を模していて気が利いている。80年代の彼はアルバムを…

アムリタ

牧野由依は子供のころは神童扱いだった。幼くして映画のサウンドトラックのピアノを担当したりした。後に「音大出身の声優」という売りで順調なデビューを果たし、大役をいくつもこなした。ファーストアルバムはいろいろなアニメのサウンドトラックからのか…

カムトウハワイ

自宅の物置の奥から出てきたLPを再生して25年ぶりに聞いた。ちゃんとYouTubeにあった。バブル期は農協のオッサン達が大挙してハワイに押しかけた。そういう時代の雰囲気がよく出た楽しい曲だ。もも(1991/06/21)ナンバーワン・バンド小林克也・桑田佳祐 他

BGM的ネットラジオのすすめ

ラジコでトーク番組を聞く以外はほとんどネットラジオを垂れ流している。iTunesにも1000枚以上入っているのだけれども、ラジオを聞く時間の方が長い。一昔前と比べてもう一押し音質がよくなっていると感じるこの頃。Home - SHOUTcastここから出発すればほと…

ブルックナーとマーラー

ベートーヴェン以後の交響曲作曲家の二大巨頭ですが、なぜかこの両方を得意な指揮者がいません。両方とも録音を多数残しているのは録音狂カラヤンぐらいで、それ以外のマエストロはどちらか片方しか得意としていない。探せばあるかもしれないけれど・・・マーラ…

愛のてだて

ジョージ・ハリスンの曲の中で最も好きなひとつ。 この温かなエレピのサウンドは70年代特有のものですね。 繊細なアコースティックギターのソロプレイも美しい。 While all is still in the night And silence starts its flow Become or disbelieve me Left…

What You Got (until you lose it)

You don't know what you got, until you lose it Oh baby, baby, baby gimme one more chance 失うまで自分が持っているものに気がつかない あぁ、お願いだチャンスをくれ もう一度このジョンの唄を17歳という多感なときに聞きました。「失って初めてわかる…

iPod Classic逝く

5年以上愛用したiPodを濡らして壊してしまった。名機としてプレミアがついていた機種なので壊れる前に売ればよかったw 基本引きこもりなので買い換えるほどの必要性は感じない。サブマシンではソニーのクライアントで曲を管理しているのでウオークマンで安…

枯淡モーツァルト

ジョージ・ハリスンの隠れた名盤

ジョージ・ハリスンのソロキャリア中最も売れなかったアルバム。前作でワーナーからアルバムの内容に横やりを入れられてプライドを傷つけられたことと、ジョンレノン暗殺騒動に翻弄されたことで、すっかりミュージックビジネスシーンに嫌気が差したジョージ…

音楽には時間が過ぎるのを手助けする以上の効果は無い

タイトルは小田嶋隆先生の暴言です。もちろん言葉通りの意味ではなくて皮肉です。音楽を聴くという行為を過度に神聖視する人たちをからかっているのです。もっとも、現代における音楽の存在理由をかんがえると、「時間を過ぎ去るのを手助けする効果」という…

なし

THE BOOMが解散した。島唄が有名だけれども、最初の二枚のアルバムが圧倒的に好きだった。ずっと洋楽嗜好の僕だが、このバンドとスピッツだけは例外的によく聞いた。この曲は2枚目に収録されているコミカルソング。歌詞がかわいらしくて、ちょっと毒があって…

不安になる日もあるから

桜の季節になると、このメロディがいつも脳裏で鳴り響きます。 東京で過ごした2年10ヶ月の思い出とリンクした僕だけの名曲です。あなたに出会った街に 桜の花が咲いたよ 錆びたあの陸橋さえ 桃色がかってみえるよ 東京も春だよ湯気が立ちそうなホームの 人ご…

マーラー開眼

テンシュテットという指揮者に出会えたお陰でマーラの良さが急にわかった。とてつもなく判りやすい演奏なのだ。マーラーが得意な指揮者といえばバーンスタインだが、テンシュテットも有名だ。バーンスタインの演奏は7色のグラデーションを丁寧に描くものだと…

宗教音楽に癒される

NML ナクソス・ミュージック・ライブラリー クラシック音楽配信ここの有料会員である。膨大なクラシック音源を洗練されたUIで高速に検索できてすぐに聴けるので愛用している。世界中のマイナーレーベルをほぼ網羅しているし、三大レーベルでもワーナー系は…

ウルフルズ新曲

ウルフルズの美点はロックを日本語で堂々と歌ってそれが作為的でなく、そういう音楽が原初からあったと思わせるだけの説得力がある点だ。残念ながらリーダーのトータス松本は、才能に見合うだけの情熱を音楽に対して持ち合わせていない。それだけに、この6年…

Game Over Beethoven

クラシックのゴースト作曲問題が世間を騒がせている。正確にはクラシックではなくて現代音楽。クラシックとは時代の洗礼をうけて生き残った曲という意味だからだ。現代音楽がクラシックになるのには少なくとも半世紀は必要だ。だからの話題の曲も作曲者が誰…

寒波とマタイ受難曲

ラスボス的な寒波が来てとても寒い。将来を悲観して心も寒い。心が弱っているとき宗教曲はとても効く。 キリスト教徒ではないのに感情移入してしまう。 あらゆる音楽の最高峰といわれるが、その通りかなともおもう。