わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

雑感

仕事納め

今年のビジネスが終わった。3年連続増収となった。ポジティブな状態が継続していることに感謝したい。今年メンタルヘルスが平穏だったのは、ビジネスで杞憂することがあまりなかったからだろう。来年の10月に創業10周年を迎えるので、来年はあと10年闘えるよ…

ロキソニンSプレミアムが全然プレミアムでない件

処方箋無しで薬局で買えることで超ベストセラーになったロキソニン。何らかの期限が切れたのか主成分のロキソプロフェンナトリウム水和物を使用した鎮痛薬が第一三共以外からも発売されるようになりました。第一三共はブランド保持者として売り上げを維持す…

郊外2DK団地 某棟の住人たち

引っ越して6年、住民間のつながりが皆無の中、隣人がどういう属性の人たちなのかずっと気になっていた。さすがにこれだけ日々を積み重ねると、同じ棟の住人のスペックが憶測混じりながらわかってきた。そのあたりをご紹介しよう。家賃は共益費込みで43,…

ギャンブル依存症適性

基本的に競馬のG1レースしか馬券を買わない。今年は調子が良く回収率がプラスだ。でも基本的に損するものだと知っている。競馬に関してはギャンブルとしてよりもブラッドスポーツとしての側面が好きだ。一時期は血統研究にのめり込んだこともある。ただギャ…

高齢者のPC・小商いの可能性

母のPCを入れ替えた。6年ぶり通算4台目だ。80代以上はさすがに厳しいが、スマホは使いこなせなくてもPCは必須という老人は予想以上に多い。実家では父も母もPCを所有している。叔父や叔母ももれなく所有している。老人の使い方はわりと限られている。母はYa…

心と体は同じもの

メンタルヘルスの訳は「心の健康」だ。精神疾患も肉体疾患も同じ「健康を目指す」医学の対象である。しかし肉体の健康と心の健康はまったく異質のものとして捉えられがちだ。特にメンタルヘルスを患っている当事者は「心」を特別の領域だとみなし、聖域視し…

「しない」ことにエネルギーを使う

愛読しているTwitterの名言botで非常に納得できた呟きがあった。 なかなか前むきな気分になれなかったり、創造的なことができないときは、何かを「する」ことじゃなく、「しない」ことにまずエネルギーを使う。お酒を飲まない。夜更かししない。「する」より…

二桁pvを三桁にする方法

このブログのpvがこの二ヶ月で10倍に増えた。元が50未満だったのでたいしたことはない。それでも10倍だ。アフィリエイト諸策は何も施していないけれども承認欲求が少し満たされて嬉しい。増えた理由はハッキリしている。Nexus7が壊れたことで買い換えた二種…

電子書籍徒然

アマゾン「キンドル アンリミテッド」サービスにおける 講談社作品の配信停止につきまして 講談社世間の瞬時の理解では「講談社が儲からない読み放題ビジネスから撤退した」と理解されるかもしれない。実際は正反対で「せっかく儲かっていたのに一方的にライ…

『君の名は。』の感想 - ネガティブ編

『君の名は。』は評判がよいようでヤフー映画の評価ではシン・ゴジラを上回っているぐらいです。 君の名は。 - 作品 - Yahoo!映画他のブログでも概ね絶賛状態です。しかし物語としての構造の欠陥や矛盾を指摘するエントリもたくさんありました。僕は作品の怒…

SMAPとTHE BEATLES - 解散にまつわる共通点

SMAPの解散話は普段テレビをほとんど見ない僕にとっても興味深い。僕的には解散といえばビートルズの解散だ。ほとんどイコールで繋がるほど解散といえばビートルズなのである。ファンになったときには既に解散して15年近く経っていたにもかかわらず、解…

平日的休日

今日は一年に一度だけの「仕事は休みだけど世間的には一応平日」の貴重な日でした。区役所に行き、銀行に行き、休日だと混んでいるいろいろなお店に行きました。製造業が世間的に一斉に休むのは経済合理性があると思うけれども、役所と金融機関はこういうと…

雑記

暑い(-_-;にもかかわらず冷房病で悪寒がして体がガチガチなのでマッサージ屋へ行った。マッサージ師に「冷えた麦茶の一気飲みを止めて、白湯をゆっくり飲むように変えるだけで劇的に体がほぐれますよ」とアドバイスをいただいた。さっそく今日から実行してみ…

説明の難しい仕事

私と似た生業で飯を食っている人というのは他にいるのだろうか。どうも想像がつかない。所属している業界自体は競争が激しいけれども、レイヤー下位の個人のレベルではライバルは探しても見つからない。今の段階で僕と同じ事をやろうと思っても参入障壁が高…

Amazonが定額読み放題サービスを開始

www.bunkanews.jpこれは嬉しい。ブコメに「ブックオフの100円均棚を10冊読み放題と考えて価値があるか?」みたいなコメントがあったけれど、たとえ品揃えがそのレベルでも、自宅にブックオフの棚がいつでもあることを考えたら、それだけでも980円の価値はあ…

努力の定義が間違っているから

私は努力コンプレックスである。目標に向かって努力したのは大学受験にまで遡らなければ記憶にない。以降、「努力できない自分」をどれだけ呪詛してきたことだろうか。それでは私は「努力に値することを、まったくやってこなかったのか」というとそうでもな…

消費増税とマスコミ

消費税増税延期に関してマスコミの論調が批判一色だ。官邸追従批判を払拭するチャンスだと考えているのかもしれない。しかし、末端の低所得自営業者からしたら歓迎しかない。多くの自営業者や中小企業経営者も同様だろう。私は安倍政権の政策の8割は間違いだ…

スクワット

lex.hateblo.jp上記に従って「細やかな良い習慣」の数を増やしている最中です。一つツボに嵌まったのが「スクワット」。基本のエクササイズです。作用機序はわからないのだけれども、就寝前にワンセットやってからベッドに入ると朝の気分の悪さが半減するこ…

瞑想と向精神薬

瞑想と向精神薬は普通共に語られることはないです。健全な精神と病んだ心というのは対極の位置にあります。瞑想の真似事をするようになってしばらく経ちますが、あまり不必要なことを考えない練習をしていて一つ気づいたことがあります。「抗不安薬がテキメ…

疼痛と瞑想

疼痛持ちが瞑想をするのは困難が多い。本質を垣間見るために瞑想に取り組もうとしても、痛みが意識を肉体に貼り付けてしまう。痛いと過去や未来への執着どころではない(-_-;ただそれでもメソッド通り「痛みを観察する」に徹底することはできる。そうすると痛…

怒りという娯楽

ネットで最近「怒り」とそれに伴う「炎上」が厭でも目につく。とにかくみんな怒っている。血眼になって怒る対象を探して見つけたら特攻している。厭な空気だ(-_-;とはいえ、僕も常に怒りまくっているブログをRSS登録して更新を楽しみにしていたりする。共…

音声入力

平成10年生まれ「何で平成一桁生まれの人たちって、がんばってフリック入力でTwitterしてるんですか?」 - Togetterまとめ 愛用のNexus7で音声入力は多用します。聞き取りの精度が上がっているのは確かで、小声でボソボソ呟いてもかなりの精度で正確に変換…

同世代ラジオ

TBSで朝に伊集院光の番組が始まった。彼の話術はかならずしも私の好みではないけれども、それを差し引いても楽しい。関西圏では信じられない豪華ゲストが連日くるのが楽しい。関西の兵藤大樹の番組も好きだけれども、同世代のパーソナリティの感覚というのは…

雑文

ここ数年「痛い」「憂鬱」のこの二つを忌避することだけに特化した生活をしている。それまでは「もっと大きな漠然とした不安」を打ち消すために足掻いていた。問題を整理して、要するに「痛・鬱」だけなのだと気づいたまではよかったのだが、あまりにも問題…

小さな「よい習慣」のカードをたくさん持つ

禁煙が上手くいって気分がよい。タバコを吸わない日々を重ねたことによって得られた爽快感だ。禁煙を続けるというのは「よい習慣」の積み重ねのひとつだ。禁煙と同じように、日々の積み重ねによって人生の質を上げる「よい習慣」のカードを、いくつ持ってい…

雑記

・エイプリルフールに気の利いたエントリなんて書く才能ないから、せめて今日限定でブログのデザインを弄ろうとした。しかし、細々と手に入れたCSSを間違って消してしまいそうで面倒くさくてやめた。・神戸で桜の名所といえばどこになるのかな、須磨浦公…

薄い生活

暇さえあったら本を読んでいる割には、自分が読書家だという自信が持てない。身にならない読み方をしているのだろう。精読して視野を広げたいと思っている本は積み上がり、読みやすく創造力の広がらない駄本ばかりを繰り返し読んでいる。一日中音楽を聴いて…

F1とかNBAとか

F1もNBAも一番世間が騒いでいたときだけ熱中していた。F1はセナ・中島悟・古舘伊知郎のゴールデントリオの時代、マンセルもフロストもいたし、ホンダエンジンはカリスマだったし、本当に面白かった、でも2年ぐらいで関心がゼロになった。あれから23年、と…

過去の行為は悪手なのか

過去の行為を後悔するとき、私たちは、現在なら過去よりもずっと正しい判断ができると素朴に思っている。加齢に伴い肉体は衰えても、思考力・判断力は経験値が上がっている分だけ、確実にレベルアップしていると信じている。それは、ほんとうなのか・・・今…

自我の本質は言い訳のデータベース

こういう考え方が人間心理理解の最先端なのだそうだ。人間の行動というのは意志に基づいて行われるという常識がそもそも違うらしい。行動はすべて無意識に行われる。その行動を過去の経験と言葉の理屈から制限するのが、理性であり自我なのだという。自我≒自…