わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

心と体

障害年金受難の時代へ

www.nikkei.com 団体側は対応表に当てはめた場合、等級が下がる人が何人出るかを推計。その結果、1級の受給者約5万6千人が2級への変更が予想され、支給が減額される。2級の約2万3千人は3級となる可能性が高い。障害基礎年金は3級では対象外のため支…

ナイアシンフラッシュ

全身が痺れる【ナイアシンフラッシュ】体験者が続出!ナイアシンサプリは万能薬かそれとも? - NAVER まとめ ナイアシン(ビタミンB3)をオーバードースすると、体に衝撃が走り結果的にいろいろと劇的に改善する(こともあるらしい)。度を過ぎれば腎臓や肝…

愛よりも鎮痛剤

背中の疼痛。半分はメンタルからくる神経性疼痛というカテゴリだと思えるようになった。整形外科に行っても、「軽度の脊椎峡湾の影響はあるが、それよりも運動不足と食生活の改善ですよ」としかいわれない。過去2年ぐらいは、トラマドールという個人輸入でき…

不快と不幸

不快と不幸は同じだ。「脳が快くない」という信号を受信している点でまったく同じだ。痛覚を感じるのも、刺激を受けた体の箇所ではなく最終的には脳である。不快を感じるのはすべて脳の仕事なのだ。物理的に何も変化がないのに痛く感じたりする神経性疼痛と…

ココナッツオイルが大好きになった

ダイエットの情報を仕入れたときの副産物で手に入れたココナッツオイル。効能抜きにして油として素晴らしい。すべての油の代用に使えるし、摂取すると体が喜んでいる気がする。ココナッツはおそらく人類が穀物を摂取し始めるよりも前から食料とされていたは…

糖質制限+グルテンフリー

先月から暇さえあればストレッチをしています。今月からさらに食事の内容を変えてみることにしました。あえてダイエットといわないのは体重減少目的よりも、体質の改善により背中の疼痛が軽くなればとの思いの方が、ずっと強いからです。もちろん余分な贅肉…

イブプロフェンが効いた件

三〇年前から普通に薬局で買える定番の鎮痛剤なんですが、妙に持病の背中の痛みに効くことが今更判明。サリチル酸系が効かないから(アスピリン・エテンザミド)これも効かないと決めつけていた(-_-;凝りからくる痛みにはイブプロフェンは良かったのか~ 市…

DHEA

アメリカで定番のサプリです。副腎皮質ホルモンの材料となる物質で安全性は問題ないです。加齢とともに分泌量がグイグイ落ちていくホルモンなので、それを補うことは抗老のためによいようです。このサプリを最初に知ったときは30代の前半だったので服用は…

ストレッチポール礼賛②

最近買った健康器具の中で最大のヒットです。普段は硬くなった筋肉が邪魔をして上手く伸ばせない背骨や体の奥の筋肉を効率よく伸ばすことができて、なによりもやったあとのスッキリ感がとても気持ちがいいです。縦と横の両方の使い方がどちらも効果的で、縦…

認知療法・瞑想・疼痛治療

コメントで認知療法とヨガ・瞑想を繋ぐ方法が既に確立されていることを教えていただきました。コメント欄は長らく閉ざしていたのですがよい情報をいただけると開放してよかったと心からおもいます。テレビの特集といただいたコメントで、それぞれ別物だと思っ…

ストレッチポールは素晴らしい

ストレッチがマイブームだ。日々いろいろと伸ばしながらネットでストレッチについて調べた。すると多くの情報源で絶賛されているのがストレッチポールだ。 純正品は高いので、評価の高いコピー品を買った。 見たままのモノであるけれども、背中の伸ばしにく…

マグネシウム

某健康マニアのブログでマグネシウムについて考察があった。調べてみると僕の体調不良の要素と欠乏症がピタリと重なっていて、これは思ったわけです。こんな記事も見つけました。マグネシウムの働きと効果・効能-サプリメントラボ必須ミネラルなので摂り過ぎ…

ストレッチで遊ぶ

最近読んだ本に影響されて、とにかく体を動かすことに興味がある。ネットでストレッチという単語を検索すると膨大なストレッチに対する情報があふれ出す。今まで興味がなかったけれど、ストレッチに情熱を傾ける人たちがたくさんいることを知った。そして、…

メンヘラーはスポーツをしない

アスリートにうつ病は少ない。現役有名スポーツ選手がうつ病で低迷したという話は聞いたことがない。 有名人の自殺・他殺死・変死・事故死まとめ(スポーツ選手編) - NAVER まとめ相対的に騎手が多い。後藤騎手は事故説もぬぐい去れないし、痛みが完治せず…

慢性腰痛・認知療法

先日のNHKスペシャルが興味深かった。検査をしても原因がわからない慢性腰痛患者の8割が、認知療法で快方に向かうという目から鱗の内容「痛みに対する恐怖が、脳の一部を毀損して、間違った痛みの情報が脳に残存し続ける」との研究結果から、「恐怖が脳機…

心と体はおなじもの

2年ぶりにヨガに参加した。2年間で体が外部も内面もガチガチに硬化していることを実感した。硬さを感じながら体を動かし呼吸を整えていった。すると「抑うつ感と肉体の硬さは、同じものであるという確信」が生じた。ヨガのメソッドを利用して肉体を柔軟にし…

クラビット

耳が痛くて真夜中に目が覚めた。耳をほじりすぎて化膿したようだ。ズキズキしていつもより酷い。耳経由で何らかの感染症に罹患したのかと怖くなった。しかし真夜中、やれる治療がない。とりあえず消毒液を綿棒に浸して患部に塗った。・・・しかし痛みが引か…

ビタミンC愛好

ビタミンCが好きである。ものごころついた頃から柑橘類が異常に好きだった。成人してからは、ビタミンCのサプリメントを常飲している。最近はアメリカンチェリーを毎日貪っている。ビタミンCドリンクも何千本飲んだかとおもうと気が遠くなる。愛好というより…

新しい睡眠薬

しばらく関心が失せていたが、ずいぶんと新薬が世に出ていたようだ。ベンゾジアゼピン系かバルビツール酸系しかない時代は終わったらしい。作用機序が異なる新世代の薬もあった。スボレキサント - Wikipedia 睡眠の促進ではなく、覚醒の抑制で眠らせるという…

体調の揺らぎ

体調の揺らぎが酷い。ある日はもう入院しないといけないのではないか、そう思うほど調子が悪い。一方、朝から気分爽快ですべてのことがスルスルと処理されていく日もある。波があるのも大変だ。低位安定でよいので波がない方が嬉しい。

結局私は肉体以外の何物でもないから

年々肉体の劣化が加速してくる。なんらかのコンテンツに夢中になることだけで、肉体由来の辛さを紛らわすことが困難になった。しかし、毎日ジョギングするとか、そこまでの踏み込みはまだ出来ない。持病の疼痛緩和にストレッチ運動が効果的だと悟ったので、…

背中の凝りの緩和体操

背中の疼痛緩和のためにいろいろやっている。投薬に頼りすぎだと自覚したので、様々な体操を試してみた。体を動かす方法や動かし方は本当に多様だ。これだけいろいろな動きをできる肉体を固着させていたら、凝っても仕方がない気がする。いまのところ大ヒッ…

避鬱・避痛

メンヘラーっぽいことを書く。僕の半生の後半はほとんど「鬱からの逃避」に尽きた。最近はそれに「疼痛からの逃避」も加わっている。逃げることが人生の目的なのだ。目的を追いかける人生を過ごせている人が妬ましい。羨ましいのではなく妬ましいのだ。この…

精神を病むとは要するに

精神を病んだ人は文章構造じゃなく 単語のもつ意味の強度でモノを考えてるよね。 だから文法に頓着しないで、 強い意味(印象)の単語を適当に並べてるだけ。 結果、文章に論理はおろか因果関係すら存在しない。 メンタルヘルスは基本言葉の病だ。証拠に人間…

ロヒプノールは酒を拒む

メンタルクリニックへの通院を止めて常飲してた睡眠薬ロヒプノールと縁を切った。すると驚くべきことが起こった。完全下戸に近いほど飲めなかったアルコールを体が拒否しなくなったのだ。3年以上死蔵していたウイスキーを3週間で空にしてしまい、さらに欲し…

ゆっくりしろ

スローライフとか、心にゆとりを的な意味ではない。もっとマクロレベルで日々の動作の速度を落とそうということだ。万事にゆとりがある日常を享受しているのに、一つ一つの動作が不要にセカセカしていてぎこちない。はやくて正確ならば問題ないが、往々にし…

メンヘラーへの居付き

17年前の大阪十三の場末メンタルクリニック。旧い木造の2階にあった(今もあるようだ)。待合室は喫煙可で大きな灰皿が堂々と設置してあった。メンヘラーは喫煙者が多い。死んだ目をしてタバコを燻らせながら順番を待った。旧式のガスストーブの暖かな色も覚…

自立支援の継続を断った

「精神障害者自立支援法」の継続を止めることにした。担当医の仕事ぶりが雑になったこと(問診無しの投薬のみ)、レクサプロ投薬2年で酷い抑うつがほぼ寛解したこと。そして、低所得者の自分が高額の医療費を公的に補助して貰っていることに負い目を感じるよ…

ロキソニン

持病の背中の疼痛にはあまり効かないが、風邪気味のときの頭痛にはテキメンに効く。切らしていたのでガンガンするアタマを揺らさないようにして薬局へ行った。「薬で痛みを押さえ込んでいるけれども、体調自体は回復していない」この感じは相当気持ちが悪い…

原因はない

鬱に原因はない。医学的には脳内物質のバランス異常。現実の出来事がバランス異常の起因になることはある。しかし起因であって原因ではない。不幸に原因はない。不幸とは「今」の心理状態だからだ。過去が原因で今辛いとおもうのは勘違いだ。覚醒剤を今摂取…

オルニチンは確かに効く

オルニチン(シジミ等に含まれるアミノ酸)は効く。起床時の身体のだるさが消える。ここまで薬効があからさまなサプリメントにであったのは久しぶりだ。サプリはだいたい割安な信頼できる輸入品を利用している。しかし、オルニチンには信頼できる海外製がな…

丸5年独りで働いていると

自分がどういう人間だったか自分で分からなくなる。たまに知人に再会したりすると、どう振る舞ったらよいのか途方に暮れる、何をいったらよいのかも分からなくなる。電話とメールでの顧客と現場との情報のやりとりはストックフレーズを繰り返すだけで事足り…

肉体こそが自我である 脳内の神経反応ではなく

馬齢を重ねれば重ねるほど、肉体が発する感覚を煩わしくとらえ、肉体を人生の重荷のように感じてきてきた。脳内の思考の速度は今のところ若いときと変わった自覚がないので(実際は劣化しているのだろうけれども)、重たく劣化する一方の肉体への呪詛が募る…

典型的な境界性人格障害(ボーダー)

やはり続けます。すみません - はてな村定点観測所なんでこの程度の狂言が多くのブックマークを集めているのかよくわからない。このエントリを読んだだけでボーダーの典型例だと瞬時にわかるのに、その件について言及している人が少なすぎる。オーバードース…

デストルドー

【特盛】今夜のエヴァを見るのが400%楽しくなる ”珠玉” の考察動画まとめ!デストルドーとはリビドーの対義語でエヴァンゲリオンを解釈するに当たっての重要キーワードだ。これはキリスト教ではなく完全に心理学由来の概念だ。リビードは概ね性欲とイコール…

敵は何処だ?

近所に住んでいる陽性の統合失調症オバサン、ずっと隣家からの電気攻撃と闘っている。精神疾患の中で一番やっかいなのは常識では理解できない「敵判定」を心の底から信じている点だ。定点ウォッチしている、これ統合失調症の人のブログだが、過去に被ったと…

統合失調症の陰性

昨日のエントリにコメントをいただきました。ありがとうございます。統合失調症の陽性しかみていないのは,病の片面しか理解していないというのはその通りです。病識がない人が多いので、外部からみて目立つ陽性の方ばかりが病気のイメージとして認知されてし…

うつ病と統合失調症

うつ病患者は特に統合失調症患者を毛嫌いする。好かれる統合失調症患者なんていないのだけれども、それでも毛嫌いの度合いがキツい。似て非なる脳疾患だと思われているが、過度に内罰的なのと外罰的なのとで向きが違うにしても、過度に何かを攻撃するという…

体調・メンタルヘルスに関する気づき

冷房は思っている以上に身体によくない冷房をとめて窓全開にしてから体調も気分もわるくない。暑さの不快さよりも、血行不良による怠さと疼痛の悪化の方がずっと辛いと今さら悟った。就寝以外は横にならないこれも横になると身体が代謝を最小限にしようとす…

不幸の畳住まい

週末に体調が悪くなる件。畳に踞ったり横になったりして読書をしているからだと思い当たった。こういう姿勢で長時間を過ごすと背中の疼痛が酷くなるのである。結論は実にあっさりしていた。とにかく人生の状況の問題と、この背中の痛みは切り離して考えなけ…

疼痛

ずっとメンタルヘルスの不調に悩んできた。それは今でも変わらないけれども、老化に伴うもう一つの持病である脊椎側湾に由来する背中の凝りと痛みの方がより辛くなってきた。輸入している鎮痛剤がよく効くので愛用しているのだけれども、耐性が出てきたよう…

不幸というのは神経の痛みに過ぎない

輸入している鎮痛剤を服用した日としなかった日を比較して判った。不幸とは神経の痛みそのものであると。痛みを抑えていれば過去の悔恨も未来への不安もほとんど生じない。時間軸へのまなざしから生まれる不安、それと孤独・暇というのは、痛みの原因を探し…

承認欲求

承認欲求はある。全くなければブログを書いたりしないし、Twitterで呟いたりしない。少しでいいから他人の尊敬を得たいという気持ちは人一倍あるかもしれない。ブックマークコメントに★がたくさんついたりするだけで嬉しい。Twitterでリツイートされるのも喜…

走ろうかな

うつ病と脊椎側湾に伴う疼痛で年中憂鬱な私です。薬と食事だけでは悪くなる一方なので、いろいろ考えてみて残る選択肢は、身体の血流を促進する運動しかないかと思い至りました。手っ取り早いのは走ること。走ることを喜びにしている人はたくさんいますし、…

低糖質ダイエット

ここ2週間ほど低糖質ダイエットを続けている。といっても炊く米を二合から一合に減らして、野菜で空腹を満たすようにしただけだ。それでも半月で4kg減ったので成功しているといえるだろう。本格的にはじめたのは以下の本の内容に納得したからだ。 炭水化物が…

痛みと心

心の闇の苦しさと、物理的な痛覚や内科的病因に起因する痛みは、不快感という点で同一項にくくることができる。心の痛みには原因があって、それを除去したり、超克すれば、除去できるかもと期待しがちだ。「不快感」ということでは同じなのだから、鎮痛剤が…

トラウマ諸悪の根源説への疑問

関連書籍が売れてアドラー心理学がブームだ。フロイト・ユングに並ぶ心理学三大巨頭の一人なのに、日本では著しく認知度が低い。それが見直されているということらしい。アドラー心理学はトラウマを過大視するフロイト派とは対立するものだ。過去の原因が現…

ダメな適応

春は抑うつ。例年GWをピークに精神が悪化していきます。諦めています。連休中ですが時期的なものもあり、少し働いています。すこしだけだけども。6年も籠もって働いていると、仕事部屋の椅子に座っているのが一番楽になります。寝室で横になっているのすら…

よく効くうつ病の対処療法

結局愚痴という自分に対する呪いを書くことになってしまった当ブログですが、たまには有用なことを書いてみたいと思います。精神状態が悪いときによくやっている対処療法です。私の身体実験にて有用性が確立されております(笑)・個人輸入した鎮痛剤を服用 個…

うつ病の数値化メリット

心の病は他者が「当人の異常性に気づく」場合もある。しかし、本人の自己申告から治療が始まる場合も多い。だから、「うつ病は甘え」という批判がなくならない。「甘えを病気にして儲ける医者と製薬会社」という批判もずっとある。そういうニュースもいくつ…