読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneで印刷データを作れる時代

私の生業であるネット印刷業界では長らく「利用者の母数が頭打ち」という大問題があります。その大きな理由の一つに「変なデータを入稿したら怒られるのでは」という多くの潜在顧客の躊躇いが間違いなくあります。たしかに5年ぐらい前までは各種のお約束を厳…

ネットで稼ぐということ

はてなブログ界隈ではPV数とアフィリエイト収入を誇るエントリがよく多数のブックマークを集めている。最近、Googleのアルゴリズム変更で検索流入が大きく減ったとのニュースで大きな騒ぎになったことも記憶に新しい。僕はアフィリエイト収入で喰っていこう…

仕事納め

今年のビジネスが終わった。3年連続増収となった。ポジティブな状態が継続していることに感謝したい。今年メンタルヘルスが平穏だったのは、ビジネスで杞憂することがあまりなかったからだろう。来年の10月に創業10周年を迎えるので、来年はあと10年闘えるよ…

秘伝のエクセル

「秘伝のエクセル」という単語で笑える人って結構いるとおもう。日本で一番愛されているソフトはブラウザを別にするとダントツでエクセルだろう。そして会社毎のローカルルールでエクセルは様々な使い方をされている。かくいう私も見積書と請求書のフォーマ…

平日の方が楽しい

最近休日が苦痛だ。仕事がある平日の方がよほど楽しい。なぜかと考えれば仕事をする限りたくさんの人とコミュニケーションをとれるからだろう。全国のお客様や現場の人と電話やメールで終日、人様と関わっている。休日にはそれがない。僕は孤独嗜好が強い。…

パレートの法則

パレートの法則 - Wikipediaパレートの法則というのがあって「利益の8割は上位2割の顧客から創出される」というあれだ。僕の商売は広く薄くのネット商売だから、この法則は当てはまらないと思い込んでいた。でも10年続けていると固定客様の存在感が大きくな…

一つのドメインで

丸9年、貧困に陥らずに食べてこられた。素直に考えたら(それなりに)胸を張れることだ。過去のタラレバはよくないが、最初の挫折を乗り越えて3年目ぐらいにもう一度勝負を賭けたら年商3億ぐらいは無理ではなかった。でも、年商10倍増は困難になっても、年商…

受注商売

ネットの受注商売なので仕事の量にはすさまじい波がある。工場の締め切り時間から逆算して1秒たりとも無駄に出来ないぐらい大量に処理しなければならない日がある一方、今日のように午前中の2時間処理すべき案件がひとつも生じないこともある。勝手のわかっ…

シングルタスクワークの悲哀

単一かつ単調な仕事をしている人には困った人が多い。「要請されている以上の事をしてしまう」という問題だ。最近この弊害によって苛つかされることが多い。一つ卑近な例だと「団地内の樹木の剪定」だ。こんな作業は1年に一度で十分だと思う。しかしUR団地…

商いの波

同じ商いを9年もやっていると、カレンダーをみるだけで受注の変動をある程度推測することができる。そして1月の後半は一年で一番注文が少ない時期だ。正月明けで寒く市場も冷えているので、世間的にも販促活動の意欲がミニマムになる時期だ。次月の2月もバレ…

ネット商売におけるユーザーインターフェイス

ネット商売で顧客が購買プロセスに使用するWebシステムの完成度は、売り上げにダイレクトに直結する。システムが洗練されているかどうかは、「欲しいものがある」「信頼できる」「安い」と並んでネットショップのキモといえる。「発注のしやすさ」は非常に大…

良い上司 悪い上司

直属の上司がいたのは最初の会社員時代の5年だけだ。以降4社で働いたが直属の上司はいなかった。現業で8年、個人でやっているので上司は当然いない。良い上司に恵まれたなら会社員は天国、悪い上司に遭遇したら地獄だ。組織不適合の私が新卒で入った会社に5…

未踏の7年目

SOHOを始めて7年目、ここに居住を定めても5年目である。社会人になってから、一つの職を6年以上続けたことはなかったし、一人暮らしを始めて一箇所に5年以上住み続けたこともなかった。未踏の7年目である。なぜ不安定なSOHOが一番長くなったのか。それは最大…

Irregular Works

最近イレギュラーな仕事が多い。型にはまっていると楽、逆はしんどい。特に自分の都合を押し通そうとする人が複数いるのは混乱の極みだ。イレギュラーなことをやることによって収入が増えるのならともかく、そうでもない場合は疲労感もひとしおだ。はやく通…

薄くてもいいから広く注文が欲しい

ネット商売も8年目だ。新規のお客様が減り、代わりにご愛顧いただいているお客様からの受注単価が上がっている。もちろん常連様からの受注単価もジリ貧ならお終いなのだけれども、新規のお客様との出会いが減るのは寂しい。昨年はこの期に及んでの新規参入が…

仕事について

晩年のモーツァルトが「なにもしないより、仕事をしていた方が楽なので、作曲は続けています」という内容の書簡を遺したことは有名だ。肉体的にも経済的にも辛いとき、自分の天職であり、一番得意なことをやるというのは、なによりも癒やしだったのだろう。…

【ドラクエⅩ】大量に仕入れてまとめて売ると儲かる

オンラインゲームはビジネスの訓練になる。なんといっても実際に「他者」が実在するのが大きい。リアル経済でもゲーム内でも人の欲望に変わりはない。リアルだけではなくゲームでも貧困に喘ぐ私。小銭をチクチク稼いでは物欲(といってよいのか)に負けて散…

組織不適合人間

「学校」と「企業」が成功しすぎた日本 - 文人商売高校生以降、クラスや会社組織に居場所がなかった。厳密にいうと高校三年生時だけは、クラス内のメンバーとバンドを組んだり、非常に気の合う友人が同じクラスだったので例外だったけれども。一浪して入った…

顕示欲の発露

自己顕示欲について考える。露骨なのは下品だとおもう。しかし、ある程度の欲の発露はむしろ生きていくためには必要だ。私の小商いはネット上で展開しているから、知名度が高いにこしたことはない。というわけで、今日は宣伝エントリ(^_^;本業 ポストカード…

2014年にFAXを買う辛さ

5年使い続けたFAX兼電話機の劣化が酷いので買い換えた。5年使ったbrotherの複合機はまったく愛着の持てない機械だった。黒しか使わないのに、定期的に他色のカートリッジも買い換えないといけないという露骨すぎる仕様に、腹が立って仕方がなかった。もう二…

小さなかけ算でオンリーワンに

先週師事している人に教わったことと 岩崎夏海さんの本に書いてあることが重なっていた。「一つの才能でオンリーワンになるのは困難」 「小さな才能でもかけ算すれば唯一の才能になれる」そういうことだ。 歌の才能が一万人に一人でも日本では競合者が一万人…