わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

ひとりごと

牛乳石鹸炎上案件について

牛乳石鹸の炎上案件。とりあえず先入観なしに動画を見てから、言及したブログ等を読んでみた。驚いたのは「世間の大半は夫の方に立腹している」という事実だった。この炎上事件が示唆する問題について、特に考えがあるわけではない。ただ、己の感覚が世間の…

日曜の朝

気怠い。活字どころかマンガを読む気力も起きない。音楽も耳障り。食欲もない。自分の内部に欲望が見つからない。あるのはこの気怠さをなんとかしたいという萎えた感覚だけだ(-_-;

眠れない夜 8月編

月に一度ぐらいやってくる眠れない夜です。昼寝を2時間もしたから無理からぬことか。睡魔はないけれども、本を読むほど覚醒しているわけではない。こういう時間をもてあます午前3時は心理的につらい。こんな夜にBGMを何にするかが悩ましい。無音は息苦しいし…

なつのひとりごと

午前中の業務を終えただけで疲労困憊。昼食をとると極端に眠くなる。そうならないように糖質を制限したけれどもあまり変わらない。とらなかった朝食をとることにして、昼食を抜いてみたがやはり眠くなる。単に体力が落ちただけのようだ。昼寝が許されるSO…

腰部強打撲の影響

今年の1月末日に腰部を強打撲した。人生で被った怪我の中では一番ひどい部類に入る。これに匹敵する怪我は高校生の時、脛を14針縫う怪我ぐらいだろうか。半年が経過して未だに腹筋運動がままならないのと、姿勢を崩すとすぐに腰痛が生じるという後遺症が残っ…

脳内の「他人の声」

孤独って頭の中が「他人の声」でいっぱいの状態のことなんですよ。「あの人にどう思われてるのかな」「LINEチェックしなきゃ」「なぜわかってもらえないんだろう」、そんな風に心に棲みついた他人の声と会話している。他人の声に頭が占拠されている状態こそ…

酒の美味しさがわかってきた。父と妹は酒豪だが、俺は母に似て半下戸だ。長年一口目のビールしか旨さがわからなかった。それが最近やっとわかってきた気がする。性急に流し込むのではなく、ゆっくりゆっくり体に溶かし入れるように飲めば、アルコールの魔力…

夏でも靴を履くようになった。素足にサンダルを引っかけての外出が出来なくなった。理由はわからない。またメレルの例のやつを買うか。例のやつ [メレル] ウォーキングシューズ ジャングル モック J60802出版社/メーカー: MERRELLメディア: ウェア&シューズ …

心の問題なのか痛みの亜種なのか

このネタばかりで申し訳ない(誰に謝っているのだろうか・・・)無気力病が肥大化してきた。定番の午前中の不安感が半端ない。脳というより胸の辺りにある黒いなにかに締め付けられるような感覚。呼吸が苦しいときの不安感とこの感覚が実は同種なのではと考…

暇・孤独・疼痛・抑うつ

暇・孤独・疼痛・抑うつこの四つの境目がわからない。考えれば考えるほどわからなくなる。「ぜんぜん違うだろ?」という人が大半なのだろうか?「わからんでもないが、暇と疼痛は違うだろ」そういう意見が特に多そうだ。しかし私的には違わない、暇は疼痛を…

補中益気湯

上京の高揚感で少しだけ忘れていたが、ここ一月ほど体調が悪い。今週末は先週とはうって変わって予定ゼロ。自宅勤務の私にとって「自宅でのんびり」という休みかたが出来ないのがつらい。レクサプロの残弾がないので三宮へ通院。ついでに空だきで完全にダメ…

節目

今の稼業を初めて10月で満10年になる。節目が理由なのか、単調だったここ数年と比較すると、本年は腰の大怪我を含めて、将来振り返ったときに思い出深い特別な年になりそうだ。自社サイト完全リニューアルという大仕事の中途なので、下半期が踏ん張り時だ。…

旧友との再会

1997年夏から1999年秋まで東京にいた。うつ病を患って退職、転職先が東京という流れだった。東京時代の職場は華やかな雰囲気だった。しかし、最初の退職時のうつ病をずっと引きずったままの息苦しい生活だった。

上京準備

まだ何の準備もしていない。ちらっと白髪を染めようかと考えたけれども止めた。メンヘラー仲間なので格好つけても仕方がない。飛行機をつかうとあっという間なので、気分的には京都に行くのとたいして変わらない。一昨日から体調が優れない。旅行の高揚感で…

金曜雑記

ダービー・宝塚記念と高額配当をゲットできた。それ故にここ数ヶ月浪費傾向があるのに残高が通常の感覚からすると倍以上あるのでニンマリしてしまう。 上京前日 明日から東京で二泊三日。月曜早朝の羽田発で戻るので二泊目は宿を取っていない。簡易三脚を持…

メールの文字装飾について考える

「メールはプレーンテキストで」というのが常識だった。 今でも常識かもしれない。しかしこれだけGメールを始めとするWebメールが普通になって、ボールドや下線・文字色程度で文字化けすることがほぼ無くなった。顧客からのメールも重要箇所の文字色を変えて…

火曜雑記

ダルい phaさんにならってこの台詞を嘯いてみる。実際ダルい。サイトのリニューアルは現在、コアとなる部分をプロの方々が実装してくれている。素人の私に今の段階でできることは少ない。それに仕様決定の最終段階でかなり精神力を費消したので、今週ぐらい…

Watching The Wheels

失敗を「たまたま不運だったから」で済ませては絶対にいけない理由(ブレネー・ブラウン) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)不愉快な物語であっても人は因果関係をスッキリさせて納得したいと欲望するようにできているという話。メンヘラー系のブログでは、抱…

もう一押し深く習得するのが難しい

サイトのリニューアル関連と、あともうひとつ違うシチュエーションに対応するために、仕事の道具として使ってきた、Illustrator・Photoshop・Excel・CSSとHTMLの知識をもう一押し深める必要に迫られている。既に素地があるのだから、そこにスキルを付け加え…

無題

今日は何を書いても最後までたどり着けないので、写真を貼り付けておわり。相対主義の陥穽に嵌まったわけではないとは思うけれども、何を主張しても結論が自分の意見ではないような気がしてしまう(-_-;

天空団地

団地住まいというと、旧くて密室感があって空気が濁っているような印象を持つ人が多いだろう。僕の住まいは標高250mぐらいの高台の丘に建っている。最上階だから風の通り道になる。5階だから害虫もほとんどやってこない。建物はしっかりと作ってあり、隣家…

回復力・洗濯ネット・昔の住み処

対人摩擦を極力避ける人生を選択してきた。それでも生きていく以上、偶には対峙しないといけない場合が生じる。数日前に実際そういう事態に遭遇した。やはりメンタルは昔と同じように必要以上にダメージを負った。しかし、そこからの回復が過去の私とは違っ…

隠居願望

ずっと隠居にあこがれていた。 できることなら、浮世離れした人間になりたかった。 世の中の決め事がよくわからず、どこに行っても、場違いな、居心地のわるいおもいをしてきた。 いま現在、隠居的な生活をしている。15年ぐらい前に妄想していたとおりの生き…

不快感を言語で装飾しない

他者との摩擦が閾値を超えると憂うつになる。そうなったときに更に闇に堕ちていくのを防ぐ方法がある。脳内でその他者に対して論争をしかけないことだ。摩擦熱で脳内に言葉が溢れると意識は高揚する。しかし私の場合はその反作用がすぐに生じて、あっという…

触らぬ狂気に祟りなし

だれでも「狂気」を孕んでいる。女性の衆議院議員が暴言・暴力で自民党を離党した。東大・ハーバード・厚生官僚を経て選挙に勝つような人がなぜなのかと、多くの人は訝しく思うだろう。でもこれは「境界性パーソナリティー障害」の発露に過ぎない。42歳で顕在…

萎紫陽花

体調悪い(-_-; 日曜に食ったチョコレートパフェが原因かもしれない。体調さえ良ければ、心を闇に落とさないためのコツを掴みつつある自覚はある。だから体調が全てに優る気がしてきた。よいものを食べ、適切に体を動かすことが必要。理屈は判っている。そう…

怪我の功名

重度の腰部打撲の結果、体重が減った。さらに恩恵があった。持病の背中の疼痛が軽くなったのだ。以前は季節を問わず一定周期で我慢できないほど痛みがひどくなり吐き気をもよおしたり、背中に麻酔をうつレベルで痛かった。それが一般的な肩こりレベルまで重…

早めに予約しよう / 上京予定

一ヶ月後の三連休に上京することにした。私の旅行は、大抵発作的なので、旅費が割高になりがちだ。次回は「早めに予約することによって得をしよう」と決めていた。それに、連休中に飛行機に乗ろうとしたら、早く予約しないと席が埋まってしまう。今回は無事…

IKEAで小型のテーブルを買う

IKEAに行って、ネットで注文をしておいた小型のテーブルを持ち帰った。映画鑑賞・音楽鑑賞・ゲームがメインだったリビングのテレビをモニターとして利用したセカンドPCが、テーブル追加で格段に仕事でも使いやすくなった。事前に最適なサイズを繰り返し…

当然なのだけれども・・・

いろいろなビートルズのトリビュートバンドの動画を見るのが好きだ。ふと思い立って本物の動画を観たら上手い、いや当たり前なんだけれども、どれだけ多くの人たちが必死に真似ても本物との間には深い深い隔たりがある。特にこの曲のようにジョン・レノンと…

紫陽花

サイトのリニューアル作業が進み出して時間の流れが少しゆっくりしてきた。 「まだ木曜日なの?」こういう感じは随分と久しぶりだ。

コミュニケーションの臨界点

「一人で暮らして一人で働いて、よくメンタルが正常でいられますね」的なことをいわれた。それに対して上手く説明しようとしたができなかった。一人が故の孤独はないといったら嘘になる。一方、一人だからこそ(僕の場合は)自我を保てるという側面もあるか…

アウトプットプレッシャー

本業のサイト刷新準備作業が本格化してきた。その準備のために各種大量のアウトプットをする必要に迫られている。あまり意味のないアウトプットには躊躇いがない。このブログのようにちゃんと読まれているか大いに怪しいところの更新をこまめにやっているし…

変わり目微弱

季節の変わり目に弱い。一番弱いのは寒さが暖かさに変わる時期、大抵メンタルが悪化する。今年は上手く乗り切れた。次が今ごろの「快適と暑いの境目」だ。半袖では薄寒く、長袖では暑苦しいといえばご理解いただけるだろうか。この変化に関しては上記の変化…

着手する技術

仕事で現在積極的にアウトプットする必要に迫られている。昨日は望外に捗った。その勢いで今日もと意気込んだのにもかかわらず着手できない。ここで焦りが生じると、ますます着手のハードルが上がって何もできないということに陥りがちだ。これに関してある…

Getting Better

1月末に大怪我をして今年はダメだと思っていました。しかし、ゆっくりながら自社通販サイトのリニューアル作業が水面下で着実に進み、痛みが理由とはいえ贅肉がかなり落ちて体が軽くなりと、痛い思いをした分、色々と好機が巡ってきたかんじがします。一昨日…

「ながら」を減らす。

なんにせよ「~しながら~する」は心の平穏のためには良くないらしい。特に「食べながら何かを読む」はダメらしい。マルチタスクは美徳のように思われているが、心の安定にはマイナスが多いとのことだ。私は食べるときは何かを読んでいないと落ち着かない。…

オマエらこそが欺瞞だ合戦

平和を口にすると左翼野郎と罵られ 情熱を口にすると暑苦しいと笑われ 環境を口にすると胡散臭いと疑われ 博愛を口にすると偽善だと攻撃され 理想を口にすると現実は甘くないと 救済を口にすると自己責任だから云々 TwitterでRTされていた。日本に漂うニヒリ…

厄日

ユニクロで買い足した靴下とトランクスをファーストフード店に置き忘れた。取りに戻ったら消えていた。総額1500円ちょっとなので、それ以上探す気力もなく諦めて帰宅。 帰宅後、PCの電源を入れたら無反応、コンセントを差し直したり、ネットで調べて放電して…

眠られぬ夜に

深夜にブログを書くのは珍しい。昼食後に適当に書き殴ることがほとんどだ。うつ病が寛解してからは不眠症とは縁が切れている。それでも月に一度は眠れない夜がある。理由はわからない、不意にやってくる。寝床で活字を読めば普段は睡魔がくる。しかし、今宵…

手間暇と利益

昨日は特異的に忙しく昼飯を食べる暇さえなかった。一転して今日はスカスカだ。受注商売なのでその日その日の仕事がどうなるかは、その日になるまでわからない。時期的な繁忙の波は経験則で大枠は読めるが、一日単位ではわからない。印刷業は特にそうだけど…

孤独と脆弱

孤独は心も体も弱くする。今回の腰部打撲の治癒を遅く感じるのは、単に老いて代謝が悪いことだけが理由ではない。基本的に一人で働き・生活をしているので意識が己の感覚に過敏になっているという理由も大きい。他者との生のコミュニケーションを通じて日々…

更に馬鹿になった

もともと聡明さに欠ける私だが、怪我を機に更に知能指数が下がった気がする。実行するしないは別として、脳内に様々な計画というか妄想が膨れあがるタイプだったのに、ふと気がつくと「何も考えずに時間だけが過ぎていたことに気がつく」瞬間が激増した。ネ…

弥生雑記

痛んだ腰が中途半端によくなって、持病の背中の疼痛とつらさのレベルが均衡してきた。こうなると「どちらも辛くて相乗効果でさらに辛い」という嫌な状況に陥った。一箇所がひどく悪いと他の辛さは上書きされてしまうのだけれども、複数箇所が同程度に悪いと…

朗報 腰の回復が軌道に乗る

先週までは「このままある程度悪いままで状態が固着して、ずっと腰を気にして生きていかなくてはならないのか・・・」そう考え暗澹たる気持ちだった。2週間で完治すると言われたのに一月半も引きずったら、こういう考えが生じても仕方がない。それが旅行か…

解消しないストレス

香川旅行では顕著だった「旅行後のスッキリ感」をまったく感じられない。旅行中、腰の違和感と鈍痛が常に意識に伏流していたし、帰宅してからも変わりない。一晩空けただけで自室の違和感がひどい、生活に適した空間になっていないのだろう。ずっと体調が芳…

発作的滋賀県観光予定

怪我以降、ライブ鑑賞以外すべての予定を白紙にせざるを得なかった。ストレスが溜まって鬱屈としている。手っ取り早いストレス解消法として間違いのない効果が得られる恒例の「発作的週末小旅行」に行くことにした。腰に負担はかけられないので電車一本でい…

Back pain・Kemono Friends

腰痛その後 体を横たえているとき不意に激痛に襲われるという最悪の状態は脱せた。長かった・・・ しかし、激痛を感じるシチュエーションが無くなった代償なのか、かわりに鈍痛が常時精神を蝕むという嫌なフェーズに移行した。鎮痛剤を多めに服用すると痛みを押…

運転が怖い

三十代の前半までは結構クルマを乗り回していた。父の退職金で買ってもらった立派なクルマが誇らしかった。そのクルマを手放してから、貧困時代が続いたので運転をする機会がない。今住んでいる場所柄、クルマがあったら何かと便利なのだが、所有するのに諸…

人は複数の苦痛を認識できない

腰痛の如月が今日で終わる。打撲事故さえなければ、今月は仕事の新しい展開に備えてバリバリと下準備に驀進した月になっていたはずだ。それが寝ても覚めても「腰・腰・腰」・・・ 世界が腰痛色に染まってしまった。一箇所がとても悪いと他の苦痛、僕の場合は…