わかりました あきらめましょう。

私は進歩しない 旅をするのだ

触らぬ狂気に祟りなし

だれでも「狂気」を孕んでいる。

女性の衆議院議員が暴言・暴力で自民党を離党した。東大・ハーバード・厚生官僚を経て選挙に勝つような人がなぜなのかと、多くの人は訝しく思うだろう。でもこれは「境界性パーソナリティー障害」の発露に過ぎない。42歳で顕在化するのは遅い方だが、一連の発言・行動と、この人格障害の典型行動パターンがピタリと一致している。これはもう疑いようがない。

そういう資質が土台にあった上で、衆議院議員の職責に堪えかねて人格障害の症状が噴出したのだろう。知人の女性も離婚騒動の渦中で激昂したり、三十路後半になってリストカットをした。ストレス耐性が低い人がそれに晒されたのだから、問題が生じるのは必然だ。

自分の思い通りにならないだけで激怒したり、不必要に攻撃的になる人は潜在的にたくさんいる。当人も傷つくだろうし、逃げられない状態で攻撃を被る側のストレスも甚大だ。

私はそういう地雷を踏みやすい。その都度、大きなストレスを受けた。時にはうつ病を発した。そこから得られた経験則は「触らぬ狂気に祟りなし」ということだ。相手が狂気を発動しそうになったらすぐに隠れる。隠れるのが無理な場合は、相手に渡す情報を肯定的なものだけにする。些末な否定もあぶない。針小棒大に受け取られて激昂されたら終わりだ。

狂気を孕んだ人は組織で上の方にいるべきではない。しかし実際は権力を持っている人ほど狂気を孕んでいる比率が上がる。組織の大小にかかわらず上層部には必ずこのタイプの人間がいると考えても間違いではない。

彼ら・彼女らの毒気に当たらないようにするためには物理的に離れるしかない。私が一人で働いている理由の半分ぐらいはこの「狂気からの物理的な離脱」である。こわい(-_-;

サイコパス (文春新書)

サイコパス (文春新書)

偶然みつけた動画


Yussef Kamaal - Calligraphy // Brownswood Basement Session

最後まで見入ってしまった。フル画面推奨♪ 米国ではYouTubeを利用した動画付ラジオ的なチャンネルが音楽発信の拠点になりつつあるそうです。今後は動画とセットでお気に入りのサウンドのコレクションを増やしていくのがスタンダードになるのかな・・ それも面白そう。

anelloのリュック

f:id:lexapro:20170621201009j:plain

1年ぐらい前にこのリュックが流行中という記事をどこかで読んだ。好奇心でヤフオクを覗いたら1円で出品されていた。試しに入札したところ、2,000円前後で落札できた。「新品同様」で出品されていたけれども、届いたのはどう見ても新品だった。

私的にカバンといえば、ポーターのトートバックであり、浮気せず20年ぐらい愛用してきた。トートーバック以外のカバンを私用で使おうという発想すらなかった。このリュックも落札したはいいけれども、しばらくは物置に放置して滅多に使わなかった。

それが一月に一度は使うようになり、二週間に一度になり、今では外出時にはトートーバックよりもこちらを選ぶようになった。両手が使えるとカメラ撮影も楽だし、ポスティングも効率的に行える。日々の買い物でもペットボトル二つぐらいなら、重たさを感じないで済む。馴れると利点ばかりだ。

ただこのバックは本来女性用の廉価ブランドで、地下鉄やバスで女子高生が私と同じものを背負っているのに遭遇する。私は別に構わないが、くたびれたオッサンと自分が背負っているものが同じであることを目撃してしまった彼女たちが気の毒だ。それに見る人によっては、ひどく年齢不相応で格好悪く見えるかもしれない。

そこで、リュックの利便性を保ちながら、女子高生に恥をかかさないために、別ブランドのリュックを探している。しかし、anelloのリュックが妙に良くできていて、3倍以上の予算を用意しても、このリュックに機能性で勝るものが見つからない。あまり深く考えずに流行品を手にしたわけだが、流行るにはそれなりの理由があるのだなぁと感心している。

萎紫陽花

体調悪い(-_-; 日曜に食ったチョコレートパフェが原因かもしれない。

体調さえ良ければ、心を闇に落とさないためのコツを掴みつつある自覚はある。だから体調が全てに優る気がしてきた。よいものを食べ、適切に体を動かすことが必要。理屈は判っている。そういえばスクワットサボっているし、野菜の摂取量も減っている。基本からやり直さないと・・・

Amazonプライムフォト無双

www.amazon.co.jp

クラウドフォトサービスとしてGoogle Photoをメインで使っていた。しかしAmazonプライムフォトのすさまじさに圧倒されて、両刀使いになった。

プライム会員というだけで「数量無制限」で「そのままのサイズで」アップロードできるところがスゴイ。Googleフォトもファイル数を無制限にアップロードできる。しかし、追加料金を払わないと長辺が1,000ピクセル程度までダウンサンプリングされてしまう。アップロードしながらその処理をするので処理速度も遅い。

一方、Amazonの方はそのままアップロードするので処理時間が無いから速い。Amazonといえばクラウドサービス会社というのが真の顔であり、実は小売りよりもクラウドサーバー運営・管理の方が売上が大きい。そんな会社の強力サーバーに無劣化で高速アップロードできる。1ファイル8メガバイト強の大きなJPEGファイルでも、1ファイルあたり数秒でアップロードがおわってしまう。

タブレット端末からの閲覧もGoogleフォトに劣っているところは一つもない。

そういうわけなのでアマゾンのプライム会員の皆様は是非積極的に活用することをお薦めします。
ちょとした感動が待っています(^^)

大阪ヨドバシカメラ前

この写真はGoogleフォトからの貼り付けだけれども(^_^;